2011/12/20

リスクと生活の折り合い

 俺は楽観というより、適切にリスクを見積もるようにと意識しているつもりかな。
実際、放射性物質の拡散は深刻だし、特に陸上のみならず、海洋における生物濃縮については、今後は注視する必要があると思っている。陸上の穀物や野菜にくらべ計測も難しいし、飛散地域の特定も困難。海流の影響や食物連鎖による海産物への蓄積は今後の調査を待たないとね。

 不安を軽減できるかどうかはわからないけど、いくつかアドバイスするとしたら、ある物事を類推・判断するには、「帰納法」と「演繹法」という二つの思考手段が強力な武器になるんだけど、得てして人間は、帰納法に重きをおいてしまうんだ。

 帰納法というのは、経験という情報をから結果を導く方法で、例えば「今朝は東から太陽が登ったし、昨日も一昨日も、その前も、去年も東から太陽が昇った」だから、「明日も東から太陽が昇るだろう。」と結論するやり方だね。

「太陽が東から昇る」という事象なら問題は簡単だけど、放射線の健康被害問題なんかを判断するには少し注意しなくてはならない。

 帰納法を用いる上で最大の敵は「確証バイアス」(人は先入観に合致する情報のみを抽出して、持論の補強に使う)ってやつなんだ。これは俺自身もよく陥るので、帰納的に物事を判断しようとするシーンに迫られた時は、まず、入ってきた情報にバイアスがかかっていないか?というところを整理するようにしている。

 例えば、ちょっと前「子供が鼻血を出したのは放射能のせいだ!」みたいなツイットに溢れたと思うけど、これが最たる例だよね。日本人の多くは広島の記憶によって、被爆で白血病になったら鼻血が出るという先入観があって、我が子が鼻血を出したら思考をショートカットさせて「これは被曝の影響じゃないか?」と呟いてしまう。そのつぶやきを見ることによって、普段子供の鼻血なんてあまり意識していなかった親御さんも「私の娘も鼻血を・・・」とつぶやき、TL上に鼻血不安が渦巻いてしまったんだ。

 放射性物質による健康被害のツイットなんかは、ツイッターというメディアの性質(「日常の自身に起こった些細な出来事の報告」)上、そうした連鎖が簡単に生じやすい。
 本来の手順としては、一定規模の母集団で、子供の鼻血は、そもそもどのぐらいの頻度で生じるものなのかという事を把握して、その上で、事故後、鼻血の頻度がどのくらい増えたのかというのを考えないとダメだよね。
 だから、この場合の「不特定の個々人の鼻血が出た報告」は、帰納の為の情報としては、判断のための情報としては無価値。飲み屋のカウンターで隣のオジサンが「友達の話によると、冬のススキノの女性は、寒くてやることがないから、夜誘えば直ぐにラブホテルに連れて行けるんだって!」と酔いどれで呟く情報と同じようなもんかな。そうした、「バイアスの有無を判断するフィルター」を通すと、ツイッターなんかの眉唾のつぶやきの多くは、本来悩まされる必要のない情報なんだということがわかるんじゃないかな。

 んで、帰納法がなかなか上手くいかない時はどうしたらいいんだろう?ということになるけど、ここで登場するのが「演繹」ってやつ。

 演繹っつうのは、所謂「三段論法」みたいな考え方だね。鼻血の例だと「放射線によって鼻血が出る機序(仕組み)ってどういう風になっているのか?」というのを考える。
鼻血が出やすくなるには、骨髄の造血機能が犯されて、血中の血小板が減少し、出血が止りづらくなるって機序が必要になる。

そうした類推をするときは、急性被爆によって、骨髄が冒される為の線量のエネルギー(何(ギガ)ベクレル?)ってどのくらい必要なのか。
 
 血中の血小板って、普段はどの程度の量があって、造血機能に障害が起きたときは、出血か生じる程度まで血小板が減少するまでには、どのくらいの時間が要するモノなのか。

 血小板が減少した時、他に生じる症状はないのか?
関東で急性被爆で鼻血が出るくらいの線量エネルギーを浴びるようなら、原発内の作業員が浴びている線量と比較して、そのレベルは矛盾していないか?

 なんて考えてゆけば良いと思う。

 こういうのは、いちいち調べて行かないとダメなので、ちょっと手間がかかるけれども、キチンとした判断をしようと思えば、避けられない手間なんだよね。

 健康被害について、適切にリスクを見積もろうとした場合、こんな演繹法を用いた判断が威力を発揮すると思うよ。残念ながらツイッターなんかの健康被害情報から、帰納的な判断を求めると、トンチンカンな方向に行ってしまうことが多いみたい。

 あと、もう一つの考え方は、リスクの分析というより、人生観に係わってくることなのでアドバイスにはならないと思うけど、俺のスタンスを記しておこうかな。

 単純にいうと、被曝によって健康被害リスク上がったとしても、汚染されたといわれる地域コミュニティーで、従来のように生活してゆきたいという価値観を持つことを、他人に否定されるべきではないというのが、リベラリスト気取りの俺のスタンスなんだ。

 汚染地域では、今後疫学的調査によって一定割合で将来健康被害のリスクが高くなる事実が判明するかもしれないけど、そのリスクと、自分が求めるQOL(quality of life)とをどう考えて行くのかは、個々人の判断。
例えばオーストラリアの豊かな自然の中でで素晴らしい生活を送ることができる反面、紫外線での皮膚ガンの発症リスクが10万人あたり800人と、日本の2~3人/10万人に比べて圧倒的に高い。放射線のガン発症率からいうと、これは10万人あたり0.5%の発がん率の増加(500人の発がん)と実証されている、放射線100mSvの積算量以上のリスクに相当する。

 だからといって、オーストラリアを離れるべきだ!と言ったら、「大きなお世話だ!」って言われるよね。笑

 生活するということは、常に何かしらのリスクに晒されてゆくという事に他ならないし。その中で、個人や家庭でリスクを見積もりながら、目指すべき豊かで幸せな生活という事をバランスさせてゆく事だと思っている。
その判断においては、適切なリスク分析が必要で、それには疫学的(統計的)に判断する能力と、簡単な生物学的な知識が必要になってくるのだと思う。

 事故前はそれほど必要とされる生活シーンはなかったのだけど、起こっちまったものはしょうがない。
現実と向かい合って、想定されるリスクと、求める充実した生活を、どこかで折り合いをつけてゆかにゃならん。

 悲しいけど、これ現実なのよね…。(スレッガー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/08/09

冷やし中華とゴルフはじめました。

 あれほど、頑なに拒んできたゴルフですけど、諸事情あってはじめました。


 「ブルジョア玉転がしなんてクソ食らえ!」

 「あんなのスポーツじゃねぇ!」

  なーんてうそぶきながら、ここまで来たんですよ。

 
 ご存じの通り、反抗期を未だ引きずっている、ガキ性質で凝り固まっており、さらに、銀行員なんてゴルフはもう必須科目みたいなもので、諸先輩や上司から日々お誘い(なかば強引な宗教勧誘みたいな)を受け続けてきたの、華麗にかいくぐり、ここまで避けてやってきたのですが…。

 んで、結論からいうと、あらいやだ、なかなか楽しいですわよ。ゴルフ。

 「スポーツか?」というとちょっと微妙ですが、そもそもスポーツの定義って、何よ?ってことにもなる。

 そうそう、以前から、スポーツの定義って微妙だと思っているんですよね。

 カーリングやボーリングはスポーツってことになってるみたいだけど。ビリヤードはスポーツなの?
なんか、外国じゃダーツやチェスまでスポーツだっていってるところもあるようだけど、日本で将棋はスポーツっていわないよな。んじゃ、フィギアスケートはスポーツでバンジージャンプはどうなんだ?

 個人的にはスポーツは、息がゼイゼイいって、筋肉痛になって、下手したら怪我とかしちゃう感じのもので、勝敗や記録が客観的につけられる競技だと思っていたり。だから、ゴルフは微妙…。

 まぁ、そんな話しはどうでもいいのですが、この年齢になってからゴルフ始める奴なんて周囲には殆どおらず、必然、私が圧倒的にヘタクソ。
 ゴルフっつうのは、下手だと一緒に回る人に迷惑をかけてしまうもので、非常に気を遣うんですよね。ある程度、上手くなると色々ゲーム性なんかも出てくるのでしょうが、今はまだまだそんなレベルじゃありません。
 
 私は30才になるまで、ラーメンもカレーもハンバーグも殆ど食べたことなかったのですが、今や、どれも大好物です。競技人口が多い種目って、やはり、どれもそれなりに楽しいものなんでしょうね。

 ということで、アラフォーの手習いってことで、一緒に回ってくださる方に迷惑かけない程度までは上達したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/22

39

お祝いのご連絡いただいた皆様。
本当にありがとうございます。

まだまだ、落ち着くつもりはありません。
皆様のご期待に添うよう、一層、餓鬼道を極める所存です。
今後とも、何卒、ご指導を賜りたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/10

「A Glorious Dawn」 -Carl Sagan ft. Stephen Hawking

ちょっと古いけど、最近、就寝ソングにコレを設定している。

いつの間にか、ituneで売ってるみたい。
http://itunes.apple.com/jp/album/a-glorious-dawn-single/id339504545

って、↓のサイトでは色んなREMIXまであった。
http://www.symphonyofscience.com/downloads.html#remixes

FLACで無料Downloadできるんだけど、まぁ良かったらDonationでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/06

TAICO CLUB 2011

TAICO CLUB 2011に行ってきました。

土日は梅雨の切れ間に奇跡的な良い天気で、暑すぎもせず寒くもなく。晴れればこの季節のPartyが一番いいですね。

 10年ほど前までは、なぜか生命の危険さえ感じてしまう、過酷なPartyばかりだったような気がするんですが、そろそろ私の少し星の巡りも変わってきたのかもしれません。
(いや、当時通い詰めていた某オーガナイザーが雨男なんてレベルじゃなく、嵐を呼ぶ男だったのが根本原因なんですが…。)

 やはりテントサイトでゆっくり音楽を聴きながら、飲んだくれるというのは最高の贅沢だと再認識しました。機会があれば、今年は少しアウトドアに出かけようと思います。

■良かった点
 ・最高の天気
 ・マリンのライブとVJ
 ・RolandoのJaguar
 ・Dam Funkの一人カラオケがウケタ。
 ・上のフロアに可愛い子が多かったこと。
 ・長野に越した友人と会えたこと。

■反省点
 ・臨時駐車場めっさ遠い(会場から17km)
 ・こだまの森の名物の坂の上フロアに殆どいけなかった。
 ・酔っぱらって、深夜に側溝に全力ダイブして膝割りそうになったこと。
 ・帰りのSAで食った、カツ丼が不味いこと。


 Tt


調子にのって、今週末はageHaに出没予定です。
 #足の腫れがひいたらですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/20

私はいたって普通ですよ。

異常性癖

┣外見
┃ ┣Anasteemaphilia(アナスティーマフィリア)【身長差性愛】
┃ ┣Autonepiophilia(オートネピフィリア)【赤ちゃん扮装嗜好】
┃ ┣Eonism(エオニズム)【異装症】…異性の服装をしたがる
┃ ┣Gerontophilia(ジェロントフィリア)【老人性愛】
┃ ┣Maieusiophilia(メイユーシオフィリア)【妊娠性愛】
┃ ┣Microphilia(ミクロフィリア)【矮人嗜好】
┃ ┣Xenophilia(ゼノフィリア)【赤の他人性愛】
┃ ┃
┃ 女の子
┃  ┣Nepiophilia(ネピオフィリア)【幼児性愛】…乳~幼児が対象。
┃  ┣Nymphophilia(ニンフォフィリア)【小児性愛】…子供が対象。
┃  ┗Pedophilia(ペドフィリア)【少女性愛】…思春期の少女が対象
┣部位
┃ ┣Nasophilia(ナソフィリア)【鼻腔愛好】
┃ ┣Oculophilia(オキュロフィリア)【眼球愛好】
┃ ┣Odontophilia(オードントフィリア)【歯牙愛好】
┃ ┣Phallophilia(ファルフォフィリア)【ファルス愛好】…異常な長さや、持続時間が長い男性器
┃ ┣Podophilia(ポドフィリア)【脚愛好】
┃ ┣Pygophilia(ピゴフィリア)【臀部愛好】
┃ ┣Trichophilia(トリコフィリア)【毛髪性愛】
┃ ┣Philia(パイゴフィリア)【尻愛好】
┃ ┗Maiesiophilia(メイシオフィリア)【巨にゅ○嗜好】
┣人外
┃ ┣物
┃ ┃┣Acousticophilia(アコースティッコフィリア)【音響愛好】
┃ ┃┣Agalmatophilia(エグアルマトフィリア)【彫像愛好】
┃ ┃┣Choreophelia(コーリオフィリア)【舞踏愛好】
┃ ┃┣Coprolalia(コプロラリア)【猥褻語多用癖】
┃ ┃┣Dendorophilia(デンドロフィリア)【樹木愛好】
┃ ┃┣Doraphilia(ドーラフィリア)【皮革愛好】
┃ ┃┣Espectrophilia(エストペクトロフィリア)【鏡越し嗜好】…鏡に映ったものに
┃ ┃┣Hierophilia(ヒエロフェリア)【聖物愛好】
┃ ┃┣Mysophilia(マイソフィリア)【汚物愛好】…汚れた下着とか匂いのする靴下とかが好きな人
┃ ┃┣Pediophilia(ペディオフェリア)【人形愛好】
┃ ┃┣Pygmalionism(ピグマリオニズム) 【偶像愛】
┃ ┃┣Pyrophilia(ピロラグニア)【火炎愛好】
┃ ┃┣Siderodromophilia(サイドロドロモフィリア)【列車愛好】
┃ ┃┗Sitophilia(シトフィリア)【食物愛好】…性的な目的のために食べ物を利用する
┃ ┣生物
┃ ┃ ┣Arachnephilia(アラクネフィリア)【蜘蛛愛好】
┃ ┃ ┣Bestialsadism(ビースティアルサディズム)【加虐的動物性愛】
┃ ┃ ┣Pseudozoophilia(スードウズーフィリア)【疑似獣姦】猫耳等
┃ ┃ ┣Spectrophilia(スペクトロフィリア)【霊体愛好】…霊、天使、神などとの妄想
┃ ┃ ┗Zoophilia(ズーフィリア)【動物性愛】
┃ ┗死体
┃   ┣Pseudonecrophilia(シュムドネクロフィリア)【擬似死体性愛】…死体のふりしてもらって
┃   ┗Necrophilia(ネクロフィリア)【死体性愛】
┃     ┣Cannibalism(カニバリズム)【食人症】
┃     ┣Vampirism(ヴァンパリズム)【吸血症】
┃     ┗Leichenschaendung(???)【屍姦症】


569 名前:('A`)[] 投稿日:2011/05/15(日) 19:45:44.36 0
┣分泌物
┃ ┣Coprophilia(コプロフィリア)【嗜糞症】
┃ ┣Emetophilia(エメトフィリア)【嘔吐愛好】
┃ ┣Haematophilia(ヘマトフィリア)血に性的興
┃ ┣Hygrophilia(ハイグロフィア)【分泌液愛好】…唾、汗、経血等
┃ ┣Lactaphilia(ラクタフィリア)【乳汁愛好】
┃ ┣Menophilia(メノフィリア)【生理血嗜好】
┃ ┣osphresiolagnia(オスフレジオラグニア)【体臭愛好症】
┃ ┣Salirophilia(ソルティフィリア)【塩気愛好】
┃ ┗urolagnia Urophilia(ウロラグニア)【嗜尿症】
┣シチュ
┃ ┣Amaurophilia(アムロフィリア)【盲目愛】…目隠しして
┃ ┣Candaulism(カンダウリズム)【パートナーの裸体を第三者にさらし愛好】
┃ ┣Dysmorphophilia(ディスモーフォフィリア)【奇形愛好】
┃ ┣exhibitionism(エクシビジョニズム)【露出狂】
┃ ┣Incest(インセスト)【近親愛】
┃ ┣Narratophilia(ナレートフィリア)【ナレーション愛好】
┃ ┣Normophilia(ノーモフィリア)【正常愛好】
┃ ┣Nosophilia(ノソフィリア)【病気愛好】
┃ ┣Ochlophilia(オクロフィリア)【群集愛好】
┃ ┣Phobophilia(フォボフィリア)【恐怖愛好】
┃ ┣Polyterophilia(ポリテロフィリア)【過剰愛好】…何人もの相手と連続性行為
┃ ┣Symphorphilia(シンフォフィリア)【大規模自然災害フェチ】
┃ ┣Timophilia(ティモフィリア)【財産愛好】
┃ ┣Troilism (トロイリズム)…【パートナーと他人の性行為観察愛好】
┃ ┣Zelophilia(ゼロフィリア)【嫉妬愛】
┃ ┣Vorarephilia(ボレアフィリア)【食うか食われるかの殺戮愛好】
┃ 場所
┃  ┣Acrophilia(アクロフィリア)【高所愛好】
┃  ┣Agoraphilia(アゴラフィリア)【広場愛好】
┃  ┣Claustorophilia(クラストロフィリア)【閉所愛好】
┃  ┗Hodophilia(ホドフィリア)【旅行愛好】
┣ 窃視症
┃ ┣Scopophilia(スコポフィリー)…他人の着替えに性的に興奮
┃ ┣Scoptlagnia(スコプトラグニア)…他人の性的な行為を見ることに性的に興奮
┃ ┣Scoptophilia(スコプトフィリア )…同意の上で他の人の性器や性行動を見て性的に興奮
┃ ┗Mixosopic zoophilia(ミクソスコピック・ズーフィリア)【獣交窃視症】
┣傷
┃┣Acrotomophilia(アクロトモフィリア)【手足切除者愛好】
┃┣Algophilia(アルゴフィリア)【苦痛愛好】
┃┣Altocalciphilia(アルトカルシフィリア)【靴で踏まれ愛好】
┃┣Apotemnophilia(アポテムノフィリア)【肉体欠損嗜好】
┃┣Asphixiophilia (アスファイフィリア)【低酸素愛好】
┃┣Autoassassinophilia(オートアサシノフィリア)【自己暗殺愛好】…自虐的な死を想像して興奮
┃┗Tanatophilia(タナトフィリア)【死連想愛好】
┣行動
┃ ┣Clismaphilia(クリスマフィリア)【浣腸愛好】
┃ ┣Harmatophilia(ハーマトフィリア)【失態愛好】
┃ ┣Harpaxophilia(ハーラパークソフィリア)【強盗愛好】
┃ ┣Homilophilia(ハミロフィリア)【説教愛好】
┃ ┣Hybristophilia(ハイブリストフィリア)【不法行為愛好】…犯罪者に興奮?
┃ ┣Kleptophilia(クレプトラグニア)【窃盗愛好】
┃ ┣Pecattiphilia(ペックアティフィリア)【罪科愛好】…犯罪を犯すことで興奮
┃ ┣Phygephilia(フィジャフィリア)【逃亡愛好】
┃ ┣Somnophilia(サムフェリア)【睡眠愛好】
┃ ┗Taphephilia(タフェフィリア)【埋葬愛好】
┗直性欲
  ┣Biastophilia(バイストフィリア)【強姦愛好】
  ┗Deflorantism(デフロランティズム)【破瓜症・処女凌辱症】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/27

ファイト!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/18

俺たちは一人じゃない。

才能に嫉妬。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/12

無事です。

渋谷のオフィスで地震にあいましたが、無事です。
皆さんが無事であることを祈っています。
頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

Carl Sagan

ヒヤリングじゃ、わからんのが残念すぎる俺。

カール・セーガンってだれ?って人は、Wiki先生に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/21

モノの値段

 携帯電話をauのIS04ってスマートフォンにしてみました。

 UIのぬるぬる感はiPhoneには敵いませんが、各種Google謹製アプリなどと、シームレスに使えてとても満足しています。ただ、andoroid携帯は、自分でこまめにカスタマイズして、使い勝手を向上させてこそ初めて本領を発揮するような性質をもつ端末なので、実家の母親になんかは勧めることはできませんね。

今のところ不満は、以下の3点。

 一つは、本体のE-mailと電話帳がクソ仕様。送信履歴の画像添付ファイルがプレビューされなかったり、電話帳の50音順がメタメタだったりと、本当に酷い。富士通の仕様か東芝の仕様かわかりませんが、どうしたらこんな酷い仕様でリリースできるのかと...。UPDATEで改善される事を切に望みます。

 二つ目は、この機種は防水なんですが、その為、MicroUSBで充電するのに、いちいち底部のキャップを外してコネクタをつけてやらなくてはならないとダメなのが、とても面倒です。Docomoの同機種は、側面に充電端子が露出しており、スタンドに乗せるだけでいいのに...。auはデザイン性を優先したと言っていますが、個人的にはスタンド充電として欲しかったところです。

 最後は、バッテリーのスタミナが悪いこと。目下、興味本位でいじりまくっているということもあり、夜には電池切れになってしまいます。性能とスタミナのトレードオフはスマートフォンの宿命なのかもしれませんが、やはり外部バッテリーがないと心許ないです。

 んで、外部バッテリーを購入を検討。年末にトマトさんに頂戴したエネループがあるので、エネループを利用して、電流をUSB出力できる機種を探していたんですが、どれもこれもスゲー高いんですよね。

これ2,980円。
Kbce1as
これ2,580円
Kbcd1bs

電池からUSB端子にして電流取り出すだけで、なんでこんな値段になるのか...。

んで、秋月電子を見てみたら。

流石です...。

Photo

250円
Cocolog_oekaki_2011_02_21_19_37
#レギュレーターついてないので、コレで充電して端末こわしても関知しません。あしからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

冬山初体験 -天狗岳と西天狗岳-

 土日で、北八ヶ岳は天狗岳に登ってきました。一般的な道産子にとって、冬山とは滑り降りるものであって、登るものなどでは決してないのだが、10月に富士山登ったことによって、何となくカッコイイ冬山にも登りたいなどと、これまた軽薄な動機で。(苦笑

 素人が孤高の人のイメージに憧れて、ソロで登るのは単に自殺行為なので、前回富士山に一緒に登った山男2人と、さらに同じく遊び仲間で山に登る中年2人を加えて、総勢オッサン5人のパーティーで新年会をかねて山行してもらうことに。
 富士登山の時は、普段履きのDannerのブーツで登ったのですが、おかげで両足ともコテンパンに傷めつけられてしまい、しばらく日常生活に支障がでるほどでした。今回目指す天狗岳は、山頂ではマイナス20度以下になるとのことなので、大枚はたいて、ボリエールなるスペイン製の登山ブーツと、下山時に膝をかばうストックを二本をおごることにしました。

 この冬一番の寒気が本州を覆うとの天気予報に、内心ビビりながらも、レンタカーで一路、茅野の渋の湯まで。粉雪舞う登山口に駐車し、いよいよ山道に入ってゆく。今回は冬山デビューの私のヘタレレベルに合わせてもらい、ヒュッテ泊の行程ということもあり、背負う荷物も少なく、足取りも軽く林間を進めました。

Dsc_00941_2

 キシキシと雪を踏む音しか聞こえない、氷雪のテーマパークのような景色の中に分け入るのは、まさに道産子の原風景。前日までの体調不良もどこ吹く風、(おそらく)足手まといになることもなく、3時間ほどで標高2,400メートルの黒百合ヒュッテに無事到着。意外だったのは、この時点で氷点下15度位なのだが、登ってる最中は汗ばむということ。

Dsc_01521

 早速、中年5人組で酒盛りを開始。酸素分圧が低いせいか、ことのほか酔いの周りも早いよう。周囲の冷ややかな目も気にせず、オッサントーク炸裂。イケメン中年Tだけは、最近できた素敵な彼女がどうにもこうにも恋しいらしく、常に気もそぞろな様子。せっせとラブメールを打っては、ほとんど電波の入らない山小屋の中を、携帯電話を高く掲げ、アチラコチラと彷徨い、必至に送信ボタンを連打している。その姿を肴に、「愛って素晴らしいね」などと冷やかしながら、シェラカップでヘロヘロと一升を空けたところで、8時の消灯タイム。

 こんなに早い時間に寝付けるわけがないと思いつつ、大部屋の布団に潜り込んだ途端に、あっさり気を失う。気がついた時は既に朝5時で、もう出発の用意をせにゃならん。手早く朝食を済ませたのち、初めてのアイゼンの装着の仕方にまごつきながらも、何とか準備を整える。

Dsc_03061

 前夜の天気予報では大雪警報とのことで、吹雪を覚悟していたものの、2,400メートルでは重い雲の上に出ていたらしく、気温は氷点下20度と肺が痛いほど厳しいものの、朝焼けを拝み、いよいよ山頂を目指します。

Dsc_03561

 しばらくは昨日と同じような林間を進みますが、その後エッチラオッチラ岩稜を登ってゆくと、漸く稜線に出る。ここに来てはじめて、写真でみる冬山登山ぽい景観に変わってくる。景色がナルシシズムをくすぐり、否が応にも盛り上がってくる。生来、お調子者に出来ているので、アイゼンを引っ掛けて崖に落ちないようにと自重しつつ、2時間ほど踏ん張って、漸く東天狗岳に登頂!皆で握手して記念撮影など。

Dsc_03831

 天狗岳には、すぐ隣に西天狗岳があるのですが、西天狗岳こそ2,645メートルと北八ヶ岳の最高峰とのこと。天候もそれほど悪くなく、体力もまだ余裕があったので、そのまま西天狗岳にも登ることに。西天狗岳は、その日、まだ誰も登っていないらしく、昨晩から降り続いた新雪をかき分けて登ります。この新雪をかき分けて道を作る作業をラッセルというのですが、一番若手の織田無道似のS君が、ものすごい馬力で切り拓いてくれます。私はその道をトレースさせてもらうのですが、それでも、そろそろ息がアガリかかります。年末年始で7kgも太った自分を呪い、ピッケルをふるって、雪にもまれながらも何とか登頂成功。

Dsc_04141

 いやー絶景ですね。本当は山頂でコーヒーでも沸かしてなどと、悠長なことを想像していたのですが、やはり山頂は風も強く、気温もマイナス25度と、突っ立ているとすぐに凍えかけます。かじかむ手でタバコに火をつけて一息ついただけで、すぐに下山開始。下山はおニューのブーツのおかげか、至って快調。山小屋に預けていた寝袋や重いものをピックアップして、渋の湯まで一気に下ります。富士の下山で四苦八苦だったのが、嘘のよう。休憩することもなく、2時間弱で麓まで戻れました。

 1メートル登るのにヒーヒー喘いで、800メートル墜ちるのは超特急。なんか、こういう人生の縮図みたいな所も登山の魅力かも、などと柄にもないことに思いを馳せつつ温泉につかり、ようやく生き返りました。

 おかげさまで、楽チンルートとはいえ、なんとか冬山デビューを果たせました。んで、手元に残るは、今回の為に購入した登山靴。うーん、もう少し償却してやらないと勿体無い。本来、こんな動機じゃいけないのだろうが、エクストリームは無理でも、節制して少し体重落としてから、他の山頂にも立ってみたいかも...。いや、本当は脱俗する時間を作りたくなってるのかな…。

Dsc00128

(photo by mori)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/01/08

なんだかんだ。

このナレーション、娘の徳川和子のことを「カズコ」って言っているが、「マサコ」と読むんだよね。
作った人、日本史選択してないな。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/25

Happy Xmas -War Is Over

(Happy Christmas, Kyoko
Happy Christmas, Julian)

So this is Christmas
And what have you done
Another year over
A new one just begun
And so this is Christmas
I hope you have fun
The near and the dear ones
The old and the young

A very merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is Christmas (War is Over, if you want it, war is over now)repeat with verse
For weak and for strong
The rich and the poor ones
The road is so long
So happy Christmas
For black and for white
For yellow and red ones
Let's stop all the fight

A very merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is Christmas (War is over, if you want it, war is over now) repeat with verse
And what have we done
Another year over
And a new one just begun
And so this is Christmas
And we hope you have fun
The near and the dear ones
The old and the young

A very merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear
War is over, if you want it
War is over now

Merry Christmas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/02

【葬式曲mixその6】 『Green Tea Farm』Hiromi Uehara

自分の葬式BGMの6曲目は、上原ひろみのこの曲に。

 彼女の故郷の静岡県の茶畑をイメージした曲だそうです。この曲は矢野顕子がカバーしているので、そちらの方で知っている人いるのかもしれませんね。おそらく国内より海外での評価が高いJazz Pianistなのかな。
 北海道出身の私には、茶畑は全く馴染みがなかったのですが、以前、ツーリングで夕暮れ時の茶畑を走ったとき、この曲が描こうとしている情景に出会いました。残念ながらその時はiPodにこの曲が入っていなかったので、来年の夏にでもドライブに出かけて、改めてこの曲を聴いてみたいと思っています。

 そういえば、来週オペラシティーでコンサートあるんだよなぁ。チケット入手できたら行ってこようかなぁ。このCDもいいですが、やはり彼女はLiveでその本領を発揮します。小さい体にもかかわらず、圧倒的なパワーで演奏するその姿は、本当に心を打たれます。私は、お上品なコンサートホールでも、ついつい立ち上がって応援してしまい、気付いたらいつも目から汗が出てます。(苦笑

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

【葬式曲mixその5】 『Sky And Sand』Paul and Fritz Kalkbrenner

前回のJames Yuillに続き、自分の葬式用のBGM第5弾を決定。

昨日の友人の結婚Partyの為のトラックをあさっていたときに、見付け出しました。
歌詞に「心配するな、私は帰ってくるから」みたいな部分があるみたいだけれども、そこはあえて触れないことにします。(笑

 この曲が合うシチュエーションとしては、真冬のベイホールのParty帰りに、東の空に朝日が昇る時間帯、前後に車がいない湾岸線を、ゆっくりと都内に向けて走らす車中にかかってたりするいいかも。隣に誰か大切な人がいてもいいし、いなくても、それはそれでいいと思う。
 宴の後に、少しだけ優しくなれるような時間をつくってくれる曲。
 


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/11/11

今日、ある人から虹の写メが送られてきた。
東京は秋晴れだったので、当然見ることはできなかったのだけど、写メを見つつモソモソとiPodをいじってみると、虹をテーマにした曲って思った以上に沢山あって驚いた。

真っ先に思い浮かんだのが、先日のDommuneでMijk Van Dijkがアンコールにかけて、会場狂喜乱舞だった電気の「Niji」。


もう一つは、ズバリこれ。名曲ですね。


虹=Rainbowとして考え、真っ先に思いついたのは「Somewhere over the rainbow」だったんだけど、流石にiPodには入っていなくて、検索かけてみたらRolling Stonesのこれは入っていた。これまた紛う方無き名曲。



もうないだろうと思っていたら、「Nijizou」も発見した。これも一応虹なのかな?
ところで、この実写とCGを合わせたPV作った人、ニック・スミスってペンネームで、実は日本人であることを知ってビビった。なんちゅ〜解りにくい...。


あと私が思いつくのは、チューリップの「虹スカ」くらいかな。
若かった〜♪何もかもが〜♪ってヤツね。(笑

 こうして、ちょっと考えてみるだけで、洋の東西を問わず、いろんなアーティストのテーマになっている自然現象だということがわかる。激しい風雨のあとに、眼前に現れる虹はドラマチックで、いつかいい事があるさ!的な、不自然なほど人間味あふれる出来すぎな演出だと改めて思った。だからこそアーティストをインスパイヤし、名曲をつくらせるのだろう。

おそらく私が知らないだけで、他にも「虹」に関する名曲って沢山あるんでしょう。皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

人にやさしく

時々、裸になって、full onで歌いたい時がある。
今晩、歌えなかったら、来月歌ってやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

バブルの思い出 -Barbee Boys-

当時死ぬほど聴いてたバービーボーイズ。
20代で、これだけの楽曲を作るバンドって、最近いるのかな?

ほとんどの曲の作詞と作曲をしているのが、イマサこと、いまみちともたか
独特のコード進行と、歯切れの良いギターリフに痺れたもんだ。
#この曲は、合コンで酩酊したときに、たまに頭の中で鳴り出すときがあった。(苦笑

歌詞のエロさを、直球で掛けあうKONTAと杏子。こんなイカシタ大人になりたいと、ガキの俺は思っていた。今日、これを地で行くと、ただのナルシストの昭和のオジサンという評価になってしまうのがちょっと悲しい...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/24

ハゲタカ

Nhk_hagetaka


GyaoでNHKドラマの「ハゲタカ」が配信してますね。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/nep/10001/

「101回目のプロポーズ」以降、ドラマは全く観てなかったんですが、このドラマは数十年ぶりに全編観ました。

 銀行員って、外部の方からは没個性の堅物で、面白くない奴だと思われがちです。ただ15:00にシャッターが閉まってから、店舗の2階では、熱苦しい人間ドラマが毎日繰り広げられています。
命の次に大切な金を貸し借りを取り扱っているんですから。いや、下手すると命にも影響を与えてしまう金です。このドラマは、紺のスーツに包まれた、一見ダサい男たちの葛藤をよく描いてました。あの頃、身近には、似たような話が山ほど転がっていました。

私は、諸事情あって途中で銀行を離れてしまいましたが、もし、もう一度新卒の就職活動に戻ったとしても、再び銀行に入ると思います。

主演の大森南朋と同い年なんで、殊の外、感情移入してしまいました。
私生活に蒼井優がいないのが残念ですが...。w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«心の折れる音は「ポキッ」じゃなくて「グニャリ」