« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/26

「お前もかっ?!!」

Torihada_3


携帯(W44S)もぶっ壊れた・・・
人様からは、「チ○コ携帯」と貶されていても、気に入っていたのになぁ~

今度こそ、ソニータイマーだ!
測ったように保証期間が切れるタイミング。一応、修理に出して、現在は京セラの代替機を使っています。
(この京セラのW51Kの使い勝手の悪いこと、悪いこと)

買い換えも検討したが、現時点で発売されているソニーエリクソンの機種は魅力的なものが無いんだよな~
最新機種の『W54Sはどうやら東芝のOEM』らしく、特にソニエリお家芸の一つである、『電子コンパス』がついていないと、それだけで候補にならん。

ここ10年程はソニー製の携帯ばかり。おかげでスッカリ他社携帯を受け付けない体になってしまっている...。
ソニー携帯は『JOGDIAL』に代表されるようにユーザーインターフェースが非常に優れていて、一度味わうとなかなか離れられない。「もう、貴方だけっ!」ってなってしまうのヨ。

予測変換機能付文字入力システムの『POBox Pro 2.0』は、圧倒的に使いやすい。
ハード面では、最近、他メーカーに一歩遅れをとっているようですが、数字として見えない部分ではやはり一枚上手だと思う。

他メーカーに乗り換えたものの、操作感にストレスを感じ、結局直ぐに出戻りという奴が周囲にいると、おっかなくてチャレンジできない...。

ソニー信者ではないつもりなんだが、周囲を見渡すと結構ソニー製品多いなぁ~
はぁ、散財続きだなぁ~。(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

ど お し た ん だ ♪Hey!Hey!Baby!

どおしたんだ♪Hey!Hey!Baby!
機 嫌 直 し て く れ よ 〜 ♪
先月奮発して買ったVAIOが逝きました…
なんでた〜っ!バッテリーはビンビンだぜぇ〜

昨日までは最高に快調だったのに、電源入らないorz...。


何十ものUpdateとドライバ更新。
不要なプリインストールプログラムの削除。
大量の音楽データ移行。
アカウントやデスクトップの各種設定。
サーバ設定に地デジやBCAS設定。
地図やエンカルタ等、十数の巨大アプリケーションのインストール。

PC買い替え時のうざったい、そして時間のかかる単純作業の数々が、漸く終わりかけたところだったのにぃ!(怒)
この労力どないしてくれるんじゃ!
しかも、バックアップとってないユニークなデータも結構残ってる…

VAIOは5代目だけど、初期不良は初めて。
ついに喰らったなぁ〜
やはり初期ロットはいかんのかなぁ〜
シリアルめちゃ若いもんなぁ〜
同じ作業やるの嫌だなぁ〜(泣)

つうか、修理どのくらい時間かかるんだろ?
発売直後のフルスペックマシンだけがもつ、僅か1ヶ月だけの儚い優越感はプライスレスだぞ〜!

小さいなぁ・・・>俺

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/20

FSM様の思し召し。

FSM様の思し召し。
旨い!シーフードに牛乳とは!
#でも、既存のシーフードやスタンダードを越えるにはまだパワー不足。

今年、日本人いや、パスタファリアン達は偉大な導師を失った。

FSM様のヌードルの触手によって、ビール火山とストリッパー工場の天国で安らかにお過ごしできますように。
らーめん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/18

785段

帰りの飛行機までちょっと時間があったので、金比羅詣に。
紅葉にはちょっと時期が早かったのが残念。2週間ほど後だったら、さぞかし綺麗に色づいていただろうに。

しっかし、足腰弱っているのを痛感!観光客のジイサンバアサンにぶち抜かれつつ、何とか帰還した。(苦笑)
本宮の上さらに600段ほど上ると奥社があるのだが断念。
ちょっと運動しなきゃならんなぁ~
(写真は→ココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

あれから10年・・・・

200pxhokkaido_takushoku_bank_logosv

もう10年かぁ~歴史的な一日だった。トップが方針を間違えると組織は駄目だということを学ばさせていただきました。
おそらく11月17日は一生忘れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/16

日本三大がっかり名所  

Sn380488











高知のはりまや橋。マジでがっかりするなぁ~。

見てのとおり、ドブ川にちゃちい橋がひっそり架かっている。
コイツは札幌時計台より酷い。三大がっかりは名所は諸説あるようだが、あと一つは沖縄の守礼門だっただろうか?沖縄に行ったことがないから分からないのだが、恐らくここ『はりまや橋』がダントツしょぼい気がする...。
いや待てよ?そもそもこの橋が有名となった元の映画を観たこと有る人ってどのくらいいるんだ?
最早、がっかり名所どころではなく、名所ですら...。

はりまや橋の北西一体はスナックや風俗店の立ち並ぶ繁華街となっている。飲みに行ったのはアーケード街の入り口近くの居酒屋「赤とんぼ」。(やはり高知にも立派なアーケード街があるのだ。)
この店は、うまくて、安くて、ボリュームのある、三拍子そろった店だった。
かつおのタタキ、さえずり、カマ焼き、ノドグロ、地鶏の卵料理、マツタケ土瓶蒸し・・・・
さえずりは肉厚に切られたもので、東京では滅多にお目にかかれない。酢味噌を添えて出されたが、やはり醤油で食べた方がウマいと思う。

1時間ほど二人でたらふく飲んで食って7,000円!東京なら軽く10,000円は突破するはず。驚くほど良心的な店で、出張族にはこういうお店が心強い。

酒も回って勢いがつけば『さぁ、二件目!』というところだが、見知らぬ町はお店選びに神経を使うもの。
どうも、腰が重くなってしまうのが、ここ最近のパターン。大昔、ススキノで痛い目に遭ったのがトラウマとなっているんだろうなぁ~

財布も心許ない状況だったので、川沿いのボーリング場近くにある、地元で有名な屋台に寄り、いなすことにした。
Sn380490










「安兵衛」という屋台なのだが、ココはラーメンを食べる客は殆どおらず、どの客も餃子とビールを頼む。土日は行列ができる程の人気店だとのことだが、幸い、すぐに座ることができた。
ぎっしりひき肉が詰まっている、揚餃子のような感じで、これまたおいしい。屋台といえども、常設店舗なみの座席数があり、店員も10人ほどいる。
但し川沿いなんでこの季節は寒くてあまり長居できない感じなんで、早々と引き上げてしまった。

明後日は栃木の宇都宮だ、また餃子か?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/13

the long and winding road

Sn380480

夕闇迫る道央道ドライブ。従兄弟の住む室蘭に向かう。
北海道の高速道路は中央分離帯が非常に広く確保されており、写真のように分離帯の木立ちによって対向車のライトを遮るような構造になっていることが多い。
落葉が進み冬枯れの寒々しい景色となっているが、実際、ダッシュボードには路面凍結注意の雪のマークが光っている。
外に出れば吐く息が白くなるものの、路面は濡れていないので問題無い。

道内の道路事情は一度でも走ったことのある人なら、その素晴らしさをご理解いただけるだろう。
主要一般道も高速道路と同等の規格で整備されている上、通行量も圧倒的に少ない。
ステレオの音量を大きくして、高速巡航で2時間だ。今の季節、朝方は氷点下となる故、既に自宅の車はスタッドレスに履き替えておりタイヤノイズが少し大きい。夏タイヤならワインディングを楽しめる、支笏湖や洞爺湖を経由する道を選ぶところだが、今日は素直に高速を使用した。

車好きの人は北海道に住むべきだ。
首都圏でBMWやベンツに乗っても、そのポテンシャルの10%も発揮することはできない。
ハイパワーエンジンの太いトルクでギクシャク走る表参道のポルシェ。
高速コーナーでヘロヘロとなる1,000万円の車の運転手。
直線で煽り、コーナーで煽られるスーパースポーツ。
道路事情とも運転技術ともミスマッチであることは一目瞭然。
みっともないことになっている事実に、本人は気付いているのだろうか?

北海道で運転する度に思うのだが、全体的にドライバーの運転技術レベルが高い。峠道や海辺のワインディングロードでも、本当に小気味よいスピードで流れてゆく。
これは北海道の道路事情がそうさせるのだと思う。
鉄道網が粗く自動車通勤が多くなるため、所謂サンデードライバーが殆どいない。一家に一台ではなく一人一台の所有率となり、主婦でも冬道を買い物に車を駆る。

運転マナーが悪いといわれる北海道だが、これも道路事情に依るところが大きいのだと思う。
しばしば『譲り合いがまったくない』といわれるが、これは『高速巡航の直進車を圧倒的に優先する』ということの裏返しなのだ。一々、減速して譲りあってたら、目的地に着くのに日が暮れてしまう。
市街地での運転マナーは明らかに首都圏より悪い。(ウインカー出さない、譲り合いなし)これはチンタラ走っていたら、辿り着けないほど北海道の土地がそうさせるのだろう。

月曜から愛媛と高知に戻るが、四国も交差点でのマナーが良くない。『伊予の早曲がり』と呼ばれる直進車の【減速前提】での右折に何度もヒヤッしている。これは山間部がその殆どを占め、平野部に人口が密集する四国の土地柄が...。
北海道ではダダッ広い大地の中、問答無用で直進車が優先されるの土地柄に起因してマナーが悪いと思われるのではないだろうか?
運転マナーも、あくまでも生活リズムに起因しているような気がする。

明日は高知で鯨のサエズリだ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

海底のエイリアン

海底のエイリアン
北海道の冬の味覚を買いに来た。
札幌観光ツアーでは、交通アクセスの良い二条市場に連れて行くことが多いらしが、地元民は桑園の水産市場に来る。
大振りな奴でも、3〜4杯買って、ちゃんと値切れば1杯あたり3000円位になる。小さいものだと2000円だ。
但し、あまり大き過ぎても味が落ちるし、塩辛い茹で方の店もあるので味見してから買うと良い。(塩茹でするわけではないが、茹で時間や水の量が少ないんだと思う)
どの店でも店頭に並んでいる商品を豪快にバラして味見させてくれるので安心だ。
都内のデパートなら倍以上の値札が着く事になるから、思わずまとめ買いしてしまう。

個人的にはタラバやズワイより毛ガニの味が奥行があり好きだ。
いやまてよ、タラバの焼蟹も捨てがたいぞ…
味噌だけなら上海ガニの方が?
まぁ、とりあえずカニを喰わねば冬は始まらないのだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/09

東洋のマンチェスター

愛媛県は佐田岬の付け根にある町、八幡浜に来ている。
大洲市までは高速道路だが、そこから急峻な谷を縫うように走る197号線を西に向かい、二つの長いトンネルを抜けるとようやく町並みが見えてくる。リアス海岸と宇和海に囲まれた、猫の額ほどの平地部にビッシリと家屋が立ち並ぶ。
明治時代には、精銅や紡績、製紙業が盛んで「東洋のマンチェスター」とか、「伊予の大阪」とか呼ばれていた町らしいのだが、往時を偲ぶものは目に付かなかった。
今日の知名度では、隣の闘牛で有名な宇和島になってしまうんだろう。
その宇和島だが、今週末、宇和島でジャコ天の祭りが開催されるらしい。
そのメインイベントはジャコ天投げ大会!まったく意味不明なので、寄ってみたいところだが残念ながら時間がない。

高松ほどではないが、この町にも人口5万にしては、非常に長いアーケード街がある。
松山の銀天街もそうだが、四国はアーケードが好きらしい。
まぁ、何れのアーケード街も駐車場の整備が遅れており、郊外SCに客足を奪われシャーターを売っている店が多い。
#そうそう、四国では駐車場のことをモータープールという。なんでなんだろう?

南向きの斜面は、一面に柑橘類が植えられている。うんしゅうミカンや、伊予柑畑だ。
ご覧のとおり、ミカンの木はそれほど背丈はないのだが、枝が折れそうな程、どっさりと実がついている。
地面には自重に耐え切れなかった実が沢山落ちている。
既に収穫が始まってるらしく、コンテナを満載したトラックが行き来していた。繁忙は正月明けまで続くとのこと。

これから瀬戸内海の工業都市西条市に向かい、それから北海道だ。
千歳空港は最低気温4度!うーん、気温差で体調崩すんだよなぁ~
Mikan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »