« Earth | トップページ | 上野駅  <ふるさとの 訛りなつかし> »

2008/01/24

巨大タービンと反原発

Sn380615

Sn380616

 寒風吹きすさぶ中、出張で日立市に来ている。
ご存知の通り日立市は日立製作所の企業城下町。駅の改札を出ると直ぐに、巨大なタービンのモニュメントが目に飛び込んできます。
直径5.4m、翼長1.3m、重さ40t。コイツが毎分1,500回転もするとの説明。
この機能美と加工技術の素晴らしさ!

 実はこのモニュメントの横にある説明文には、ある単語が抜けている。
コイツは【原子力発電用】の蒸気タービンの試作機であったものです。
これを理由に過去何度か反原発運動家がこのモニュメントの撤去を要求している。
『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』的な発想だ。

 私はエネルギー政策としての、高速増殖炉(FBR)推進については慎重な立場をとっていますが、同時に最近の反原発運動家にみられる、圧倒的に不勉強で短絡的なアホな議論や主張には正直辟易しています。

・プルトニウム⇒核兵器⇒核爆発
・建設や電力供給に伴う電力などの供給により二酸化炭素が温暖化につながる。
挙句の果てには、核分裂の連鎖反応理論にさえ、ケチをつける始末。

こうした輩の金切り声は、大切な議論を妨げるノイズでしかない。
議論の土俵に上がる為には、一定の知的レベルとコミュニケーション能力が求められる。

『語りえぬものについては、沈黙せねばならない。』ならぬ
                    『語る資格のない奴は、黙っとけ!』

|

« Earth | トップページ | 上野駅  <ふるさとの 訛りなつかし> »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/17813057

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大タービンと反原発:

« Earth | トップページ | 上野駅  <ふるさとの 訛りなつかし> »