« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/25

マイミクの方にお詫び

先日某コミュの招待状を何名の方かに誤って送ってしまったようです。
どうやって送られたのかも不明なんですが・・・
招待状届いているかた、無視してくださ。<(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コヤツの名前を決めてくれ!

Mascot

平城遷都1300年祭マスコットキャラクターの愛称を募集!
だそうだ!

お役所仕事じゃないと実現できないキャラだな。

 鹿男あをによし
 鹿ハゲ君
 角男
 枝刺さりデブ
 片乳角夫
 プルート
 etc...。

続きを読む "コヤツの名前を決めてくれ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/24

性欲備忘録【TENGA】

 
 最近、巷で流行っているらしいよコレ...

 (なんと100万本も売れているようだが、自分では買わないだろう、多分。結婚式の二次会のBingo Gameの景品とかかな?)
 う~ん、デザインは可愛いが、コメントは非常にしにくい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/22

イージス艦事故批判の批判

 別に軍事マニアじゃないが、ちょっと気になっているのがイージス艦の漁船衝突事故に対する批判の内容について。
mixiなんかの日記を読んでみると「高価な最新鋭イージス艦の技術的なモロさが露呈した!」「役に立たないポンコツを吹っかけられてアメリカから買わされて・・・」等という論調が多い。同様な批判をシタリ顔で語る政治家さえ見かける。

これらの批判は問題の切り分けができていないし、事故の本質を捉えていないように思われる。

 イージス艦というのは「イージスシステム」を搭載した戦艦で空母を除けば最も高価な艦船だ。1隻1,400億円もするし、その内イージスシステムは500億程度といわれているので、高い買い物であるのは事実。その価格の妥当性や配備の必要性については正直ワカラン。

 このイージスシステムというのは、フェーズド・アレイ・レーダーと呼ばれるアンテナ素子をビッシリ並べたレーダーを艦橋下部備えることにより、従来の回転式のアンテナの弱点であった回転時にしか目標物を監視できない短所を克服し【常時全周監視】を可能ならしめ、それが友軍とのデータリンクを含め強力な情報処理システムに支えられたものを言う。このシステムよって500kmもの探知距離を確保しつつ、100個以上の目標を同時に捕らえ、且つ、それらのうち20個程度を一斉に迎撃できるという戦闘能力を備えることができたものである。

 人間に例えるなら、ドッジボールで最後の一人になっちまって、クラス全員がそれぞれ自分めがけてボールを一斉に投げ込まれた時、あらゆる方向から飛んでくるボールに猛烈なスピードでボール(ミサイル)当て返して迎撃するという離れ業やこなすのだ。

 ここで考えなくてはならないのは、この技術は空中の索敵が主な対象である防空システムであるということ。
現代海戦は航空機vs艦船、若しくは潜水艦vs艦船との戦いがメインとなっている。フェーズド・アレイ・レーダーも遠距離の空中から飛来する航空機やミサイルを迎撃するためのもので、イージス艦はこの点が圧倒的に優れているのである。

 このように、そもそもイージス艦はその設計思想において至近距離の肉弾戦を想定してつくられていない。
イージスシステムのイージスシステムたる所以は、目視できるほどの近距離まで敵が近寄ってくる前に叩き落とすことなのである。見えてからでは遅いのだ。しかもこうした性能を発揮するのは戦闘体制下である。
#勿論近接防空の為にファラクランス砲もついているが、これはイージス艦に限ったものではい。

 さて、このような高度な防衛システムを持っているからといって、「イージス艦なのに、漁船と衝突するなんて、その高価な最新技術の欠点が露呈した!」などと短絡的批判するのはナンセンスだと思う。
「最新鋭の高性能レーダーシステムを備えている」というのは、全く別の問題である。レーダーの性能なんて、そもそも関係ないのだ。
貨物船だってタンカーだって通常のレーダーで日々航行しているのだから。非戦闘海域での通常航海中のイージス艦が、一般艦船が普通のレーダーでさえ安全に航行しているのに、何故このような事故を起こしてしまったのか?と考なくてはならない。

 フォーメンションラップでF1マシンが路肩に飛び出して事故ったのは、F1の性能の問題ではなく、余所見していたドライバーの責任。イージスの基本技術やレーダーの性能問題がポンコツだと短絡的に考えるのは早計で見当違いである。あくまで操船技術としての運用方法に問題として捉えて、原因を究明するのが本筋である。

#実は最近、某所でこのような問題の切り分けができていない輩に批判を受ける事があったので、ちょっと書いてみた。

【追記】
 右前方に艦船を見る船に回避義務があるというが、5,000トンもあるイージス艦と7トンの漁船で旋回性や性動力の大きく違う状況で、この単純な回避義務だけであたご側の責任のみを責めるられるものなのだろうか?
このあたりの法規を錦の御旗みたいにかざした報道もちょっと疑問である。

続きを読む "イージス艦事故批判の批判"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/21

食欲備忘録【のどぐろ】

食欲はある。いやになるぐらい...。
ご他聞に漏れずカルビよりロース、肉より魚とオッサン化が進行しつつある中、最近ハマっているのがこの『のどぐろ』ちゃん。

東京の人にはあまり馴染みのない魚かも知れんが、北陸や山陰の日本海側の地方では高級魚としてその名を知られている。一般的には赤ムツと呼ばれている深海の魚らしく、出張で飲み屋を探す時はノドグロを置いているかが重要な判断基準になったりする。(黒ムツではないので注意!)

 都内では殆どお目にかかる事はない魚だが、料亭なんかでソコソコ大きい奴を出してて一匹5,000円は下らない、大振りなモノだと一桁上がったりもする。

 煮て良し、焼いて良し、生で良し。

 独特の深い甘味がある柔らかい脂ののった白身魚で、焼魚で食うのが一番だと思う。キンメに近いが、味の広がりは一枚も二枚もコチラが上手だ。塩焼きよりも一夜干しを炭火で焼いて食う。これがもうタマラン、オッサンの味蕾のど真ん中に刺さるのだ。日本人に生まれて良かった~、オッサンになってよかった~とシミジミ思ってしまう一品。(煮付けもカナリ捨てがたい!)
 #もしノドグロを見かける機会があれば、食ってみることを薦めときます。
 
 今月は出張が少なくて、こやつに出会えるチャンスが無かったので、都内で食える店を探していたところ、なんとスゲー近所にあった。

■料理人のいる魚屋 ガシラ
 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-5
 #どうやら、クエ鍋もあるらしい!

 今週末にでも行ってみよう。イヒヒヒヒ!(ヨダレ)
なんか猛烈に腹が減ってきたので、思いつくままに近辺のお勧めのお店を羅列。

 玉海力(広尾):ちゃんこ鍋、モツ煮が最高。
 ジャンボ(白金):焼肉、チト高いがミスジ、サブトン、サンカクは食べるべし。
 パーレンテッシ(池尻大橋):イタリアン、何でもうまいが4種のチーズのピザ。
 西湖飯店(池尻大橋):中華、12月までは酔っ払い蟹(上海蟹)アリ。
 味とめ(三軒茶屋):居酒屋、安くて旨い。午前中から飲めたりする。(ボロい)
 ワンエイト(池尻大橋):点心、安くて旨いのに、何故か空いている。
 鳥小屋(中目黒):モツ鍋、予約しないと入れないが最近支店がチラホラ。
 アプティ(池尻大橋):フレンチ、居酒屋感覚のフレンチ。ワイン入れて5,000円!
 イブローニュ(池尻大橋):フレンチ、家庭料理。ここもコストパフォーマンス良し。
 鬼亭(渋谷):鳥料理、サムゲタンを予約して食うべし。
 SideWalker(都立大学):甲殻類専門店、名前の通りカニを取り揃える。チト高い。

 #高い金を払えば旨い料理にありつけるのは当たり前。上記は比較的コストパフォーマンス重視かな?毎日行ってクダを撒いているBarや居酒屋は秘密しておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/20

物欲備忘録【MR4R】

 そういえば最近物欲がないぞ。
食欲と睡眠欲は過去類をみないほど旺盛なんだが、「コレ欲しい!」っつうモノがない。

 やれフランクミューラーがどうしたとか、アルファロメオが渋いとかと、
何かとレベルの高い周囲は楽しそうだが、時計や車なんかには興味がないんだよなぁ~
飲み食いにかなり金をかけるのは否定しないものの、それ以外は基本的に安上がりに出来てる自分を再認識。

そんな中、久しぶりに触手が動いたもの。

GAIANT MR4R

Mr4r_2

折りたたみ自転車の速そうな奴。
うん。コイツは買ってしまいそうな予感がある。

 ここ数年、友人達の間でピストが流行っていて、飲み屋に集合すると5~6台並んでたりする。
確かにチャリがあると、ぷらっと渋谷まで飲みに行くとか楽だろうなぁ~と思ったり...。

 基本バイク乗りだし、遠くまで輪行するほどの根性が無いことはよく知っているので、日和って帰り道はタクシーに積み込んで帰るなどという軟弱な事もできそうだ。
浮き輪肉も日々厚みを増し、脚力もめっきり落ちているので、ちょっくらコイツで通勤なんかも良いかもしれない。

まぁ、こんなに買うことに理由をつけている時点で、かなり揺れ動いている証拠だ。
もう少し暖かくなったら考えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/19

金のナマズ

金のナマズ
埼玉吉川駅の前にて発見。
デカイ!
なんでナマズなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

レーシック手術うけるぞ

Megane

 今度こそレーシックを受けるぞ!っと。
以前から、やろうやろうとは思いつつ、術前4週間のコンタクト禁止生活が面倒臭くて踏ん切りつかなかったのだ。
このまま先送りしててはイカン!と一念発起。昨日から眼鏡生活に突入した次第。
 ソフトコンタクト使用者なら1週間の眼鏡生活で良いとの事だが、私はハードなんでこれから約1ヶ月の眼鏡生活を強いられる。夏場の眼鏡はうっとうしいので、寒い今の季節にやらんと、また1年先送りとなってしまうので今回はなんとしても頑張るぞ。両眼とも0.1を軽く下回るこのド近眼。今までどれ程、この近眼に苛まれてきたことか!



 風の強い日にバイクで高速道路を走ると、3分間隔でコンタクトにゴミが入り路肩に停車せにゃならず、全然距離が稼げなかったり。
 
 気合いを入れてパーティーに行ったは良いものの、ソッコーでフロアにコンタクトを落としテンションを下げたり。(ジオイドには2枚、ベイホール、リキッドには各1枚寄贈済。)
 
 スキー場では眼鏡が曇り、カチンカチンに霜がついて、全く雪面を捉えられず大転倒したり、谷底に落ちたり。
 
 学校帰り道で遠くからやって来る他校の生徒を、てっきり友人かと思い目を細めて見てたら、全然違う対立するヤンキー。
『メンチ切っただろう!ゴルァ!』等と、わけ分からん乱闘となりボコられたり。
 
 ツーリングの出先でコンタクトを落とし、アッという間に走行不能。慌てて近くの田舎眼鏡屋に入って、大木凡人みたいな残念な眼鏡を作る羽目になったり。
 
 眼鏡を忘れた合コンで、明後日の方向にエイミングしてガンガン攻め込んでいったり。
 
 真夏の白い砂浜で小麦色の肌の素敵なアノ娘の秋波に気付かず、途方も無い機会損失を被ったり。
 
 アノ娘にフラれたは、メガネの跡が白く残った逆パンダのマヌケ顔に嫌気がさしたからに違いない。

 待てよ。第一希望の会社を面接で落とされたのも、人事部長が前夜に銀座のクラブでケンカした隣の席の生意気な若い客がメガネだった為、俺の能力や人格とは全く関係なく『このメガネヤロ~!』との八つ当たりだったに違いない。



 最近でこそ『メガネの人って、ちょっと知的でオシャレ!』なんて風潮もあるが、俺がガキの頃のイメージはは最悪だった。

 メガネ=アラレちゃん
 メガネ=
のび太
 メガネ=ガリ勉
 メガネ=
冬彦さん
 メガネ=ラーメンの小池さん
 メガネ=大木凡人
 メガネ=
マッド サイエンティスト
 メガネ=中学生日記で生意気な口きくクラスの嫌われ者

 全部俺じゃね~か!もうメガネに対するコンプレックスたるや、もう大変なもんなんだ。このひん曲がったヤヤコシイ性格も、メガネによって形成されたと言っても過言じゃないだろう。
 貴方の周囲の友達でややこしい奴は、すべからく全員、眼が悪いはずだ。朗らかでノーテンキな何も考えない奴は、皆々視力がよく澄んだ目をしているはずだ!

 今からでも遅くはない。
  

   俺も視力と伴に明るく人当たりの良い性格になって、
  素晴らしく充実した人生を手に入れるぞ!


#べつにねずみ講や自己啓発セミナーにいったわけではありません。
#レーシックの手術は当然リスクもあります。やるなら自己責任でどうぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/15

また、思い出の場所がなくなる...

Space Lab YELLOW 閉店のお知らせ

http://www.club-yellow.com/contents.html

6_1202899342

Space Lab YELLOWは、昨年12月に満16周年を無事に迎えることができました。これもひとえに皆さまの厚いサポートのお陰とスタッフ一同感謝しております。そんな折、急ではございますが、店舗が入っているセソーラス西麻布ビル側よりビル解体に伴う立ち退き要請があり、協議の結果2008年6月末日を持って退去することとなりYELLOWを閉店する運びとなりました。

閉店するにあたり6月20日(金)、21日(土)でファイナルパーティを予定しておりますので、詳細が決まり次第また改めてご案内させていただきます。

長い間YELLOWを支えてきてくださった皆さまに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。6月のクローズまでにぜひもう一度、(一度と言わず毎週でも!)YELLOWへ遊びにいらしてください。スタッフ一同皆さまのお越しをお待ちしております。

Dear all YELLOW lovers,

Space Lab YELLOW has to close its doors in June, which is really sad though, the building will be torn down and we have to move out. We'll have the closing party on Friday 20th and Saturday 21st of June. We'd love to see you all again on the dance floor!

Thanks for your love and support for 16 years.

====================================

いや、本当に・・・。残念。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/12

さっぽろ雪祭り

Yuki1

Yuki2

Yuki3

Yuki4

Yuki5

Yuki6

 体調不良でゆっくり観光ってな感じじゃなかったのですが、とりあえず写真をアップ。雪祭りなんて何年ぶりだろうか?実は札幌市民にとっては、それほどアツいイベントではなかったりする。だってガチで寒いんだもの…(笑)

 デートコースとしても、ちょっとスレた中学生なら雰囲気のある小樽運河を選ぶだろう。今やスッカリオッサンになってしまった俺には、当時一体何の雰囲気求めていたのか、もはや全くわからんのだが。

 事実、大通り公園を歩いてみると、雪道をおっかなびっくり歩く内地からの観光客か、韓国や中国、オーストラリアのツーリストが大半を占めてた。正直、ここまで外国人観光客が増えているのは意外だったなぁ。
これは非常にうれしい事だが、実は冬の札幌は他に見て回る所が、それほど存在しない。
折角、観光に来ていただいたからには是非とも冬の札幌を満喫していっていただきたいところではあるが、地元民でも『どっか連れてけ~』と言われると悩んでしまう。

 それこそ小樽運河かスキー位しか選択肢がないのだ。スキーをしないとなると、後はススキノか場外市場でカニを喰らうぐらいだ。旭山動物園や登別温泉、流氷見物という大技もあるが、いかんせん札幌からは遠いので車で日帰りには辛い。辛いならまだしも、吹雪いていたらたどり着けない恐れさえある。このあたりの感覚は内地の方にはなかなかわかるまい。
札幌近郊の観光地がもう少し充実すると良いのだが…

 因みに、今年は自衛隊の犬山城が大雪像では素晴らしかったが、見て楽しいのは有志による小さい雪像だったりする。(犬山城は写真ではわかりにくいかもしれませんが、瓦に模様まで入っている精密さ!)

デューク東郷とか、もうちょい何とかならんのかと…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/07

キヨシロー

NHKのSONGSで清志郎復活Live!
スローバラードではチョット泣けたぜ。
昔からRC聴くと条件反射で涙腺弛む。
夏ならママチャリでその辺を走り回りたくなる。

つうか元気になってホントに良かったよ。ライブも行かねばならんのぉ。
兎に角今日はいい日だ。(体調は最悪だけど...。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/02/03

Jesus Camp ✞洗脳と創造論✞

ニコ動でJesus Campの字幕ついたものが観れるようになった。
映画の存在は知ってましたが、内容が内容だけに国内ではまず観られないと思っていたのですが、どなたかが翻訳し丁寧に字幕までつけて下さった方がいた。

これは所謂、キリスト教右派の洗脳工場ドキュメンタリー映画です。
80分あるけれども、是非観て欲しい。

彼らは進化論を否定し、ID(インテリジェントデザイン)と名をかえ、創造論を公共教育に持ち込もうと活動しているのです。

「へ~アホなことやっているカルトもいるもんだなぁ~」と思っているのは認識不足です。

アメリカでは、彼らの大きな支持を集めて、政教分離が脅かされているのも事実です。
このような事態を対岸の火事として眺めている場合ではありません。

日本でも・・・。(ry

その1 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2128376
その2 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2128464
その3 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2143369
その4 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2143490
その5 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2149214
その6 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2149846
その7 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2149973
その8 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2150057
#コメント非表示推奨です。


ちなみに私は敬虔なスパモン教信者です。

ら~めん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »