« 滋賀県のカメハメ波! | トップページ | N700系の無線LAN »

2008/03/13

櫃まぶしと草薙剣【蓬莱軒】

Sn380737

また写真撮る前に食っちまった。
たまたま仕事で熱田神宮の近くに来たので櫃まぶしの発祥、『蓬莱軒』に寄った。
昨晩は”世界の山ちゃん”をゴチってもらったので、少し奮発して自腹で連チャン名古屋メシ。名古屋メシブームらしいので、混んでいるのを予想してとし早めに来たところ、待たずに座れた。

関東では鰻は柔らかいのが良しとされているのか、殆どの店で下ごしらえで鰻を蒸している。名古屋以西は蒸さずに直接炭火で焼くので、外がカリカリの仕上がりになる次第。神田の菊川とかも確かに美味いが、俺は断然こちらの方が好きだ。

因みに静岡では、蒸す店と、蒸さないでそのまま焼く店が混在しているんじゃないかな?以前、浜名湖近辺で食べたところは蒸してなかったけど、静岡で食った時は蒸してあったような気がする...。

ひつまぶしの一般的な食べ方と言われているのは、先ず、しゃもじでおひつを十文字に区切り4等分して茶碗によそう。

1杯目は、そのまま食う。

2杯目は、山葵、ネギ、海苔の薬味を合わせて食う。

3杯目は、ダシで茶漬けにしてかき込む。

4杯目は、それまでの食べ方の内、一番気に入ったやりかたでFinish

というのが正しい食し方らしいが、俺はいつも全部を薬味で食べてしまうので、ただのワサビ乗せ鰻丼という噂が…

そうなんだ、一体誰がウナギに山椒と決めたんだ?
ワサビにネギと海苔。これが鰻の甘すぎるタレと脂をサッパリさせて一番合うと思うんだがなぁ…

んですっかり満腹となったので、腹ごなしに熱田神宮の本殿まで歩こうと外に出ると、いつの間にか長蛇の列。やはりすごいな~。

Sn380738

ここはヤマタノオロチをやっつけた時に尻尾から出てきた草薙の剣を奉っているので有名なんだが、この草薙の剣って現存してるのか?

皇位継承の時、ヤタノ鏡とヤサカニノ曲玉(漢字わからん)と一緒に、三種の神器として天皇が代々譲り受けているはず。ということは、今は天皇が持っていてココにはないのか?
そもそも三種の神器って何処にあるんた?身近な日本の文化というか、歴史なのに全く知らんなぁ~謎だ…というより無知だ。

帰って調べてみよう。

====================================

んで、帰ってきたので、ちょっと三種の神器の現存wiki先生で調べてみた。

八咫鏡」(やたのかがみ)・「八尺瓊勾玉」(やさかのまがたま)・「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)の三つ。諸説あって、どれも、そして誰も確認できていないとの事。

とりあえず天皇が即位するときのは、レプリカみたい。

八咫鏡は、伊勢神宮に奉られている説と、安徳天皇とともに壇ノ浦に沈んだ説。
八尺瓊勾玉は、伊勢神宮に奉られている説と、天皇の寝室においている説。
天叢雲剣(草薙剣)は、熱田神宮に祭られている説と、壇ノ浦で沈んだ説、そして実は天皇が持っているのは本物なんだ説。

天叢雲剣については、そもそも複数の存在が認められているようで、その一つが熱田神宮に奉じられているとのこと。神官も実際に目にしないような形で保存されているようですね。

今度は八咫鏡の伊勢神宮に行ってみよう。

|

« 滋賀県のカメハメ波! | トップページ | N700系の無線LAN »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/40475627

この記事へのトラックバック一覧です: 櫃まぶしと草薙剣【蓬莱軒】:

« 滋賀県のカメハメ波! | トップページ | N700系の無線LAN »