« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/23

見つからなければ悪い事じゃね〜

『昔話だからと言って許される事ではない』という社会通念は明らかに存在する。

 成人式の直前、品行方正とは縁通かったニキビ面の当時の俺も、悪友と共に『最期の悪さ』をした経験がある。そう、まだ未成年の内なら【少年A】で済むとの、どうしようもなく軽率で愚かな考えで。
合言葉は『見つからなければ、悪い事ではない。』(by忌野)

そんな本当に軽いノリでだ。
#勿論、強姦や殺人、傷害ではありませんし、特攻服で式をぶち壊したわけではありません。

 光市母子殺人事件の判決のニュースや、ネットの書き込みを見ると両手を上げて受け入れるコメントが殆どだ。未成年者の死刑について異論はない。その様に法整備を行えば良いと思う。また、弁護人の法廷戦略はクソだし、ここにも異論は無い。
しかし、犯行当時は未成年者に死刑は無いというのが当たり前だったはずた。
#今でも18歳未満は少年法によって死刑はない。

 罪刑法定主義による『法の不遡及』という大原則は何処にいったんだ?

■どんな行為が、どんな罪となり、どんな刑罰を受けるかを法によって明らかにされなければならない。

■法は時を遡って罪を裁けない。

 この二つの原則は個人の価値観や心情とは別次元に存在する自由主義の原則ではなかったのか?
日本は東京裁判でこの原則を国際的にふみじられた経験があるのにもかかわらず…

 社会風潮や世論に流され気味な今回の司法判断には違和感を覚える。被告が当時の基準で裁かれたのであれば、死刑ではなかっただろう。

 このニュースを耳にする度に自身の苦い記憶が思い出される。誰しもそんな経験が一つ位はあるんじゃなかろうか?

 飲酒運転をした事がある奴は禁固6年!

 タバコ吸ったことのある奴は死刑!

んな日が来ないように。From 岐阜(金津園には行かない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

トンテキ

トンテキ

三重県四日市は『トンテキ』なるものを、町おこしに担ごうとしているらしい。
ホテルのフロントでもらった『トンテキMap』に載っていた、近鉄四日市駅の近くの大衆食堂に立ち寄った。

ご覧のように、厚切り豚肉をソースにからめて炒めたもの。これで1,100円也。(ライス無し)

想像した通りの味で、正直、どうかな…

四日市コンビナートの印象が強すぎるので、海産物や農作物をアピールるするのは難しい土地柄だろう。実際、臨海地区は石油科学のコンビナートの煙突から火が立ち上ぼり、夜はブレードランナーのワンシーンを彷彿とさせるが、少し山側に戻ると長閑かな田園風景が続くのだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

天理ラーメン

天理ラーメン
天理市に来た。
天理といっても、正直、中山ミキと天理高校、そして彩華ラーメンしか知らない俺。

 市内を回ると至るところに詰所と呼ばれる集会所や教会等の巨大な施設を目にする。さすが国内唯一の宗教都市だ。(信濃町もある意味宗教都市かもしれんが…)

 俺は基本的に一元論的唯物論者で、どちらかといえば不可知論者(宗教嫌い)で通っているが、実は天理教には悪い印象がない。
他宗教と違い、押し付けがましくない(暑苦しくない)印象で、寧ろ教義の『陽気ぐらし』はストレスフルな生活を送りがちな今の自分だと、フラフラとなびきそうでさえある。(苦笑)
#勧誘に来られても困ります。

 宗教にも高校野球にもとりあえず興味がないので、本場の彩華を食べに来た。この彩華ラーメンは、関東には進出していなくて、東京じゃあまり知られていないようだ。


二郎は二郎
と言われるのと同様に、彩華は彩華という、一般的なラーメンカテゴリーにはおさまりきらない独特なラーメンだ。何故か私の地元のススキノにポツンと離れ出店していて、体の芯から暖まる辛いスープは、北国の冬の〆ラーメンとして人気がある。
ニンニクたっぷりの豆板醤のきいた塩辛いスープに、細麺と白菜。それに生卵とチャーシューをトッピングするのが定番。
天理市に行く機会があれば試してみる価値はあると思う。
#相当ニンニクがキツイので、ランチは止めておいた方がよい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/04/06

レーシック断念・・・

 非常に楽しみにしていたレーシックの手術だが、断念した。
本日、某大手クリニックにて5時間も費やし検査を受けてきたのだが、私の暗所での瞳孔は一般よりかなり大きく開くらしく、その結果、術後にハローやグレアという夜間の光の滲みや、光源がまぶしく見える程度がキツイとのこと。

 レーシックというのは直径6.5mm程角膜を削って、その部分の焦点距離を修正する手術なんだが、私の場合、暗所の瞳孔直径が8.5mmあり、修正部分より2mmも大きいため、夜間はその差の部分を通過する光が多重に網膜に届いてしまうことになる。
 その結果、夜間に車のヘッドライトが滲んだり、お月様の周囲にモヤがかかったように見えてしまい、この症状は経過によって改善されないケースが多く、あとは脳内処理で「気にならなくする」しかないとのお言葉。その合併症(?)を踏まえた上で手術は可能だとのことだが、夜の運転なんかは厳しくなる可能性があるらしい。

 ようするに、大好きな深夜のドライブと満天星空のバータで、砂浜の美少女の水着と快適なバイクツーリングを獲得するか?ってな判断を迫られたわけだ。

う~~~~~んと悩んだけれども、しばらく施術は見合わせることにしました。ホントに悩ましい...。

【追記】
 休日とあって、待合室には50~60人が待ってて、殆ど流れ作業的な印象でした。
私を診察した先生は非常に若い方でしたが、しっかりとリスクを説明なさっていただけて良かったです。(8つ位の診察室があったが、他の医師だったらどうだったのだろうか等と・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »