« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/28

キレイなおじさんは好きですか?【ラムダッシュ】

 悪い夢を見た。

カーテンの隙間から朝陽が差しこんでいる。忌々しい日常の到来を告げる朝陽だ。
昨晩は飲み過ぎたようだ。地方に来るとついつい酒量が多くなるのは、単調な生活からの忌避本能が亢進するからだろう。
隣にはダウンライトの魔法が解け、あどけない表情を晒す少女。派手な口紅がすっかり落ちた、無防備な唇から小さな寝息が漏れる。
彼女を起こさぬよう、そっとベッドを抜け出しバスルームへ向かう。
 昨晩の火照りが残る躰を、冷たいシャワーで洗い落とす。電気シェーバーのチリチリという音を聞きながら、集蛾灯で焼かれる虫たちを想う。
ネオンに焼かれる虫の焦げる音。
男達の焼かれる音だ。

 そんなハードボイルドやアバンチュールとは、とんと縁が無い日々。

目ヤニで開かない目蓋をひっぺがし。
加齢臭の染み付いた枕をひっぺがし。
夢精したパンツをひっぺがし。
飲みかけの氷結レモンをひっくり返し、
這いつくばってバスルームに辿りつく。
シャワーの出だしの冷たさに悲鳴を上げ、ケバだった歯ブラシを突っ込み、シェーバー当てながら遅刻の言い訳を考える。

実際こんなもんですよ、残念ながら。

 ヒゲはそれほど濃くないものの、やはり365日毎日剃らにゃならん。
これが何気に面倒な作業なのである。
本当はメンズTBCで永久脱毛でもしたいところだが、もしかしたら将来ユダヤ教徒に転向する可能性も捨てきれないので、やむ無く毎日剃っている。
 因みに俺のモミアゲが太いのは、ラビに憧れていたわけではなく、Masaki Kyomotoを意識していたからだ。最近、Masakiがモミアゲを短くしたので、俺も倣おうとしたのだが、長年モミアゲを甘やかしていたのが祟り、既に毛根はすっかり野生化。
もはや収拾不能となったモミアゲジャングルに、美容師の溜め息がかかり、フワリとそよぐ快感を楽しむのみ。

 毎日使う耐久消費財にはちょっと奮発、ラムダッシュの最新機種を。

Photo

ラムダッシュはこれで二台目なんですが、スゴい進化してますね。
今やラムダッシュに敵うシェーバーは存在しないんじゃないかな。
リニア駆動ですよ、リニア駆動。たかがシェーバーに。毎分13000ストローク。
F1エンジン並の回転数だ。
最新機種からはナノエッジ4毎刃仕様。ナノですよナノ。
(研磨粒子がナノ単位だってだけですが…)
なんかようわからんがオーバークオリティも甚だしいでしょ。

深剃りの代名詞、対抗馬のブラウンプロソニックも確かに深剃りなんだが、以前買った機種では肌も一緒に削る感じが馴染めなかった。特に飲み過ぎで口周りが荒れがちな俺は、一日中ヒリヒリして早々に断念。(俺はシェーバーでもプレシェーブローションは欠かせない)

ラムダッシュは根元からスッパリと凪ぐ感じ。
某巨大掲示板では、熾烈な論争が日夜繰り広げられてるようですが。ドイツ人ほど強靭な肌をもたない俺には、やはりメイドインジャパンが良いのだろうと…。

 リニア駆動は肌に当てても全くトルクが落ちないので「剃ってる感」は少ないものの、チチチチという音を立てシッカリ根元から剃れている。その違いは夕方に指先でアゴを触るとよくわかる。

 シェーバーは何気に小まめな手入れが必要だったりする。
ちょっとサボると直ぐに皮脂で臭くなるし、内部に溜まったヒゲ屑を何度も擦り切る事になるので、刃の耐久性が悪くなる。
クリーナ自体の機能はブラウンと対して違いはない。ボタン一つで充電、洗浄、殺菌、乾燥、注油までやってくれる。毎朝新品の使い心地が味わえるが、洗浄液カートリッジが一個600円ほどなんで、年間12個で7200円の支出となるのがタマに傷。

キレイなおじさんになる為の投資だ、不精な俺には不可欠なんで目をつぶる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/07/27

ブログ通信簿

Photo

49歳って...。

↓で評価してくれます。

http://blogreport.labs.goo.ne.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

番茶と櫃まぶし【しら河】

番茶と櫃まぶし【しら河】
番茶と櫃まぶし【しら河】
  折角名古屋に来ているのに、土用の丑の日だった昨日は鰻を食いそこねた。
一日遅れだが、少し時間があったので、ひつまぶし専門店の『しら河』に。
ひつまぶしといえば、やはり蓬莱軒が最も有名なんだろうが、昼時は炎天下に行列せにゃならんし、熱田神宮は都心から少し離れている。

んで、お勧めは市内に複数店を展開している『しら河』。
以前、名古屋の友人に教えてもらって以来、名古屋に来る度にちょくちょく寄っている。
栄周辺なんかにもあるので、気軽に寄れるし、蓬莱軒より若干財布に優しい。

  この店も〆に出される茶漬けはダシだが、私は櫃まぶしには断然番茶の方が合うと思っている。蓬莱軒はちょっと格式高そうなんで、素直に出されたダシ汁で食うが、ここでは遠慮なく茶をぶっかけて食す。これ最高。

ダシだとしょっぱくて喉が乾くし、そもそもキモ吸いと同じ味になっちまう。その点番茶は、タレの甘味と薬味の香りを残しつつ、ウナギの脂くささを抑えてサラリと食える。
うん絶妙。やはりこれ最高。
機会があればお試しあれ。

ところで、番茶といえば何色を連想しますか?
私の出身の北海道では番茶=ほうじ茶なんですよ。
Wikipedia先生によると、北陸、東北地方も、同じように『番茶』は『ほうじ茶』を指すらしいですが、一般的には緑色の『煎茶』のグレードの低いものを番茶と呼ぶんですね…。
#因みに↑の番茶は、茶色いほうじ茶を指して書いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/07/23

ホメオパシーやばい

ヤバイ。

ホメオパシー、ヤバイ。

まじでヤバイよ、マジヤバイ。

原物質の希釈、ヤバイ。

まず薄い。もう薄いなんてもんじゃない。超薄い。

薄いとかっても 「太平洋に原液1滴たらしたくらい?」 とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろ無限希釈。スゲェ!なんか分子とか無いの。

ppmとか何fMとかを超越してる。

無限希釈だし超薄い。

しかも情報を記憶してるらしい。ヤバイよ、記憶だよ。

だって普通はとか記憶しないじゃん。

だって自分の尿の中の水分が個人情報記憶してたら困るじゃん。

下水道経由して大海原に個人情報流出とか困るっしょ。 だから水道水とか記憶しない。

話のわかるヤツだ。

けどレメディはヤバイ。そんなの気にしない。記憶しまくり。

ベンベニストが水の記憶のネタでイグノーベル賞2回とれるくらいヤバい。ヤバすぎ。

イグノーベル賞っていったけど、もしかしたらノーベル賞の候補になってたかもしんない。

でもノーベル賞って事にすると 「選考過程は非公開のはずなのに候補ってナニよ。ソースは?」 って事になるし、それは誰もわからない。

ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎ あと超古くさい。その歴史200年。

世紀で言うと19世紀から。ヤバイ。古すぎ。日本はまだ江戸時代。古い。

それに200年経っても科学的根拠が超何も無い。超トンデモ。

それに超ぼったくり。タダの飴玉とか平気で3000円くらいで売る。玉て。小学生でも騙されねぇよ、最近。

なんつってもホメオパシーは波動が凄い。量子論とか平気だし。

うちらなんて波動とか電波音波を想像したり、シュレーディンガー方程式で数値解もとめたするのに ホメオパシーは全然違う。波動をオカルトとして扱っている。凄い。ヤバイ。

とにかく貴様ら、ホメオパシーのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイホメオパシーを作り上げたハーネマンとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

                                             (作:もちまささん)

続きを読む "ホメオパシーやばい"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/19

デブなのは憑依体質だから。

暴飲暴食が祟り、最近かなり肥えてきている。

んなわけで、寝る前に、「今晩、もしかしたら、戦国時代の武士や、ヨーロッパ貴族や、儚い恋に破れた江戸商人の娘とかなんかに、憑依されるかも!」と考えてしまい。
そら恐ろしくて、なんだか寝付きが悪いこの頃。

いや単に、mixiのバナー(↓)がしつこく小太りの男を表示するんで気分が悪いだけかも。
http://sp.ehara-hiroyuki.com/pc/

似非スピリチュアル批判とかしてるから、変な最適化アルゴリズムに引っかかるのかなぁ…エロ漫画の方がまだマシだ。

そんな貴方に朗報!いますぐウザいバナーとさようなら!
方法はいたって簡単。
プロフィールの性別を女へ変更するだけで、ウザイバナーが…

失敗。

結局、占いや、ダイエット、スイーツ(笑)や、脱毛、出会い系に変わるだけ。
性別はパラメーターとして、あまり意味がない事が判明しました。

 一週間ぶりに東京に戻ってきた。ここ数ヵ月、土日しか帰宅していない状態が続いている。家賃がもったいないので、完全ホテル暮らしにしようかと、本気で悩んだり…。
マスコミに出る時は、住所不定有職って書かれんのかな?

さて、今日から梅雨明けらしいので一気に洗濯しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

貴方は太陽。

 はじめて聞いた時にフロアで腰抜かしたのを思い出した。(笑)
低いBPMで、音数少ないのにぶっ飛ばされた。

フルボリュームでどうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/15

悪文

所詮、私は読書感想文レベルの作文能力しかないが、携帯電話でブログに投稿すると一層酷い文章になるのが最近の悩みの種であり、その理由を考えてみると、そもそも私は文章を書いているうちに、読み手がちゃんと理解してくれるかどうか不安になり、説明が足りないのではないかと思い悩み、一文あたりの文字数が多くなりがちな傾向があって『150文字以内にしなさい!』と浪人時代の小論文の赤ペン先生に厳しく諭されてからは、意識的に短くしようとしているつもりなのだが、ついついこの様にダラダラと長文になっているのは、今使っている携帯電話の一行あたりの文字数表示が15文字の横書きであり、且つ、携帯電話の文字変換が予測変換タイプのもので、文章全体の量が把握しずらく、更にお節介にも次々と文字候補を並べてくるのに関係しているのだと思われるが、これは携帯電話の画面の解像度が変わったり、文字入力システムが変われば落ち着いてくるのであろうか?

端的にいうと、携帯電話だと一文が長くならない?

試しに携帯電話の予測変換のみで『私』から文書を作ってみる。
#機種はソニー・エリクソンのW44Sで、POBOXという日本語入力システム。

私も明日石垣島に相当続いてますけど、これがあれば解決策の充電器はカワイイですけれど、そうオシャラズに!Hey!Hey!は比較的硬派ですねー。そして今日この頃も光速移動すれば時間的に不動産はスッカリと五反田のボタンだね!って何処からも美味しかったがフレンチカフスの悩みまで繰り返してヤケッパチは自動ドアの女子。ちなみに今渋谷オフィスで二匹目が浮かんできてくださいませんですけれども風俗を軽減する系の歯医者さんは狸しませんですねぇ。しかしその分化まで繰り返して死んだなんて話は大変お世話様も必要経費だ。例えば、何食べてもスーツ装着して戦局も目新しい論点は青色吐息。つまり、どう思う時が大挙してウザ!コラーゲンのメモリカード型はオバハンかもしれませんので注意します。さらに、また行きたい場所はしんどいようだがアンチの裏道、やっぱり自分自身のエレベーターと月経の親父の様相をご紹介!お湯出ないの集いは無理矢理かも知れませんとパスタサラダは数回洗えとヒメガオかの制服姿だ。やはりスゴい便利やからいいんじゃない?飲みすぎる獣医さんはお台場みたいな臨床のキャバクラです。

なんか筒井康隆風だな…神戸にいるせいかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/07/14

気温17℃

東京脱出。
 東京での蒸し暑さはスッカリ忘れた!
出張で札幌に来た。外気温はご覧の通り17℃。夜はまだ肌寒いぐらいだ。北海道はこの季節が一番過ごしやすい。

夜は高校時代の仲間達5人とススキノへ。

決して品行方正とは言えない奴が、地元大手企業の人事課長になっている謎。
品行方正だった奴が、不倫旅行を明日に控え、うわついている謎。
長身のモテ男が、その後全く女がいないという謎。
歯医者の息子はX5に乗って登場し、歯科助手の資格をもつというホステスをガン口説きしている謎。

 しこたま酔っ払ってくると、各人の携帯電話のメモリに入っている、同窓生に片っ端から電話してウザがられる。3軒ハシゴしてラーメン食って4時頃に帰宅。翌日は完全にグロッキー、全く動けなかった…

東京脱出。

 ススキノの裏道で噂のイメクラ(?)『たくぎん』発見。思わず写真を撮ってみた。タクギンの窓口女子行員の制服姿に萌えていた地元の方々に人気らしい。
そう、もう訴える主体が存在しないのだ。イメクラ山一証券、イメクラ長銀は流行らないだろう。しかし、この連中とはこんな場所は当然寄らない。
そう。俺らは硬派なグループだったので、今でも誰も風俗には行かないらしい。

 因みにススキノと東京で店の呼称が違うものがあるで、観光に来られる方は注意が必要です。東京のキャバクラに相当するものは、ススキノてはニュークラ(ニュークラブ)という。ススキノのキャバクラは、東京でいうセクキャバないしは、オッパブ(おっぱいパブ)に相当します。
 女の子のレベルに対し、料金は若干安いと思われるが、未だ悪質なぼったくりの店があるのも事実。変な客引きには決してついてゆかず、紹介所かタウン情報誌に載ってる店に素直に行くか、地元民に訊いた方がいいです。
ご参加まで…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/12

連用形【希望】

連用形【希望】
札幌の狸小路にあるビルのエレベーター。
今はラルズというらしいが、ガキの頃は金市館という百貨店だったはず。このビルはもう築40年位になると思う。
確かに『上る』『下りる』は自動を表すから(自動詞)、カゴの中にあるボタン表示にはいいが、外部のボタンの場合は、希望を表す『〜たい』の方が日本語として適切だな。
Eヤザワ気分で、のぼりつめたいを押してみる。

ノってくれ!Hey!Hey!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/09

吸汗速乾ワイシャツは買わなくてよし。

名古屋の消費者生活センターで調べていました。(↓)
http://www.seikatsu.city.nagoya.jp/test/shibai/kyuukan.pdf

 ちょっとデータは古いですが、Tシャツとポロシャツのテストでは一般品と比べて明らかに効果が認められるようですね。因みに、ユニクロのドライメッシュTシャツは、ポリエステル90%、綿10%のもの。
とりあえずバーナム効果じゃなくて良かったですわ。
ワイシャツはそもそも、生地が薄くて保水性もないから、たいして変らんのでしょう。このテストによれば高機能を謳ってるワシャツに金をかける必要はなさそうですね。

 因みに、飲み屋のオネーチャンは客を見るとき、ワイシャツに注目するらしいです。
若い頃、六本木で「化繊のテロテロのものを着ている客はモテないのよ!」と言われてから、ちょっとがんばって綿100%のものにしてます。(笑)
 あとワイシャツの良し悪しを見分けるのは、縫製のミシン目の細かさ(ステッチの細かさ)を見るとよいらしいです。仕立ての良いワイシャツは1センチに6針以上のステッチはあるそうです。
 まぁ、ステッチの数を数えられるぐらい接近した状況は、勝敗が既に決した戦局なのかもしれませんが。(苦笑)

ご参考まで。(なんのご参考だか...。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

吸汗速乾

吸汗速乾
 梅雨ど真ん中。
一体何の因果で、この蒸し暑い日々にスーツを着にゃならんのだ?!
仕事柄クールビズなんては言ってられず、上着もネクタイも毎日着用する。体感不快指数300%のうっとうしい季節に重いバッグを片手に都内を這いずり回る。半袖ワイシャツを着るべきだが、実はこれも着ることがない。似合わないので着ないのではなく、逆に似合い過ぎ。七五三みたくなってとナメられそうで着れないのだ…

 そんなわけで、この季節は俺にとって我慢大会か、ちょっとした荒行。
二日酔いを軽減しようと、朝から大量に水分を補給するのもイカン。モノの数分で滝のような汗が滴り落ちる。もうワイシャツどころかスーツまで汗でぐちゃぐちゃだ。前方を軽やかに歩く超ミニスカートで裸同然な格好をした女の日焼けした背中がうらめしい。

 サミットで沸く故郷は今頃すがすがしい季節だろう。いやいや、夜はまだ肌寒いかも。

もう東京嫌いだぁ~。故郷に帰りたいよ~と呟きながらも歩く歩く。

 スラックスは太ももに張り付き、首筋の汗は背中をつたいパンツのゴムでダムを作る。
こんな妖怪汗男の状況を少しでも改善できるかとユニクロのドライシャツを買ってみた。

 下着は綿100%じゃなきゃならんと信じ切っていた俺が馬鹿でした。ハイ。
乾くスピードの違いが体感レベルで感じられるのにビックリした。スゴイな化繊。今までオフィス戻ると、汗でシャツが背中に張り付き冷たいもんで、暫く椅子の背もたれに寄り掛かれなかったんだが、そのイヤ~な状況が無くなった。スポーツメーカーのドライシャツが一枚ウン千円もする中、二枚で1000円というのも有り難い。
 どうせアンダーウエアなんて消耗品。今まで着ていたGAPの綿100%のシャツは数回洗うと直ぐに首周りがテロテロになってしまうが、コイツはそれほど型崩れしていない。更に洗濯後の乾きが早いので、週末しか洗濯時間のない、梅雨時の独り者の味方だ。

 まぁ、それでも先週の真夏日に都内を歩き回ると、乾く速度がおっつかなくてスーツの背中に塩が吹いていたが…。今度は涼感スーツでも試してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

七夕

 岐阜の可児市にいるが、曇りで星は見えない。この辺りは星空が綺麗そうなので残念。
俺の地元の北海道では、七夕は8月7日なんだよなぁ?

 因みにベガとアルタイルは16光年も離れている。毎年逢うのは無理だし、往復には32年もかかる。
初々しい美しい織姫の記憶に突き動かされて光速ロケットで飛んでも、次回会った時は五月みどりだ。
物理法則はかくも残酷なり。
同窓会で久しぶりに会う昔の恋人が変わり果ててない事を祈るのとはわけが違うレベルだ。(笑)

 いや待てよ、天の川の中央で逢い引きするとして、織姫も光速度で移動すれば時間の経過が遅くなるから老けないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

【備忘録】DNAのメチル化

哺乳類3%
分化
間質細胞
調べる。

今日は疲れたゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

らくがき

最近落書き問題のニュースが多いですが、先日、行った南紀白浜の千畳敷も酷かったです。
もろい砂岩なので簡単に文字を刻むことができ、ご覧お通り一面落書きだらけでした。

Sn380771

Sn380772

風化するのも早そうであるので、時間が経てば薄れて見えなくなるだろうが、
HIDEもEMIも、風化しちまぇ!と呪詛を吐いておきます。

もう、バカかと。アホかと。

Sn380759

 白浜は関東人にはあまりなじみがないですが、南国風味なリゾート地で良い場所でした。
夏は海水浴客でごった返しそうですが、OFFシーズンだったので閑散としていて、こんな場所で老後を過ごしたいな~(遠い目

海沿いにある「崎の湯」という町営露天風呂は、海と接したローケーション。ここオススメです。天気にも恵まれ太平洋を一望できる湯船。しかも入湯料金が300円。良心的な価格設定なのでツーリング途中なんかは是非立ち寄るべきです。
#但し、湯船と海が接しているので、波の高い日は入れなさそうなので注意。

折角のこの素晴らしい眺望、湯船に浸かって夕日を眺めるのに最適なのに、閉まるのが結構早いのが残念。町営なので難しいかもしれませんが、営業時間を「日没時刻+30分」とかに設定すれば、もっと喜ばれると思います。

Sn380763_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/03

金剛峰寺の便所

Pap_1046

Pap_1047

 小便とともに煩悩が流れてゆく…って意味なのかな?
イチモツの残滓を振り飛ばしながら、「オン! クロダノウ! ウンジャク!」と真言を唱えてみたら、ちょっと背筋がシャンとした。

 しっかし、とんでもない山奥にある。
今でこそ金剛峰寺まではキレイに舗装された道路が整備されているが、それでもエンジンが唸る。日光イロハ坂なんて目じゃない。

山頂まで登ると、僅かな平地部分に仏閣が立ち並んでいる。往時は急峻な山々を掻き分け上りつめ、外界と隔絶された山頂から下界を見下ろしつつ、一年中護摩を焚いていたんだろう。
そりゃぁドーパミンやらエンドルフィン分泌しまくりで、なんか悟っちゃうだろう。

因みに『誤魔化す』という言葉は、江戸時代に空海の焚いた護摩の灰が霊研あらたかだと偽って売り歩く詐欺が横行したのが語源。
今も昔もスピリチュアル詐欺は変わらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

危機と遊び

 男が熱中出来るのは、この二つ。

 危機の中にも遊びがあるし、遊びの中にも危機がありますが、男が熱中出来るのはこれじゃないかな?

 マージャンで負けが込んで破産しそうになる。そのヒリヒリとした感覚でもなおしがみついて真っ青になってやってる人がいるでしょ。競馬でも...。バクチだけでなくて、まともな事業でもバクチの要素がタップリあります。危機と遊びが男を男にするのではないでしょうか?

 少し古い哲学ですが、こういうことは男の情念に関することですから、あんまり古今東西違わないと思います。

 何の楽しみもないのに南極に行く。北極へ行くのだ。ナイル川の源流をなぜ探るのだ。
ロンドンでローストビーフ食って、ポートワイン飲んでいられる身分なのに...。マラリアと下痢の世界になぜ行かなきゃいけないのか?

 そんなこと聞いたってしょうがない。何故、山に登るんだ?「山がそこにあるからだ」ということになっていますが、これははぐらかしの答えとしては世界最高の答えです。

 つまり「何故、山に登るのだ?」と訊くことがが、無益であるということを語っているのではないか?

       #NHK 「あの人に会いたい」(再放送)「開高健」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »