« 岐阜のモーニング第ニ弾! | トップページ | 金剛峰寺の便所 »

2008/07/02

危機と遊び

 男が熱中出来るのは、この二つ。

 危機の中にも遊びがあるし、遊びの中にも危機がありますが、男が熱中出来るのはこれじゃないかな?

 マージャンで負けが込んで破産しそうになる。そのヒリヒリとした感覚でもなおしがみついて真っ青になってやってる人がいるでしょ。競馬でも...。バクチだけでなくて、まともな事業でもバクチの要素がタップリあります。危機と遊びが男を男にするのではないでしょうか?

 少し古い哲学ですが、こういうことは男の情念に関することですから、あんまり古今東西違わないと思います。

 何の楽しみもないのに南極に行く。北極へ行くのだ。ナイル川の源流をなぜ探るのだ。
ロンドンでローストビーフ食って、ポートワイン飲んでいられる身分なのに...。マラリアと下痢の世界になぜ行かなきゃいけないのか?

 そんなこと聞いたってしょうがない。何故、山に登るんだ?「山がそこにあるからだ」ということになっていますが、これははぐらかしの答えとしては世界最高の答えです。

 つまり「何故、山に登るのだ?」と訊くことがが、無益であるということを語っているのではないか?

       #NHK 「あの人に会いたい」(再放送)「開高健」より

|

« 岐阜のモーニング第ニ弾! | トップページ | 金剛峰寺の便所 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/41715228

この記事へのトラックバック一覧です: 危機と遊び:

« 岐阜のモーニング第ニ弾! | トップページ | 金剛峰寺の便所 »