« 七夕 | トップページ | 吸汗速乾ワイシャツは買わなくてよし。 »

2008/07/08

吸汗速乾

吸汗速乾
 梅雨ど真ん中。
一体何の因果で、この蒸し暑い日々にスーツを着にゃならんのだ?!
仕事柄クールビズなんては言ってられず、上着もネクタイも毎日着用する。体感不快指数300%のうっとうしい季節に重いバッグを片手に都内を這いずり回る。半袖ワイシャツを着るべきだが、実はこれも着ることがない。似合わないので着ないのではなく、逆に似合い過ぎ。七五三みたくなってとナメられそうで着れないのだ…

 そんなわけで、この季節は俺にとって我慢大会か、ちょっとした荒行。
二日酔いを軽減しようと、朝から大量に水分を補給するのもイカン。モノの数分で滝のような汗が滴り落ちる。もうワイシャツどころかスーツまで汗でぐちゃぐちゃだ。前方を軽やかに歩く超ミニスカートで裸同然な格好をした女の日焼けした背中がうらめしい。

 サミットで沸く故郷は今頃すがすがしい季節だろう。いやいや、夜はまだ肌寒いかも。

もう東京嫌いだぁ~。故郷に帰りたいよ~と呟きながらも歩く歩く。

 スラックスは太ももに張り付き、首筋の汗は背中をつたいパンツのゴムでダムを作る。
こんな妖怪汗男の状況を少しでも改善できるかとユニクロのドライシャツを買ってみた。

 下着は綿100%じゃなきゃならんと信じ切っていた俺が馬鹿でした。ハイ。
乾くスピードの違いが体感レベルで感じられるのにビックリした。スゴイな化繊。今までオフィス戻ると、汗でシャツが背中に張り付き冷たいもんで、暫く椅子の背もたれに寄り掛かれなかったんだが、そのイヤ~な状況が無くなった。スポーツメーカーのドライシャツが一枚ウン千円もする中、二枚で1000円というのも有り難い。
 どうせアンダーウエアなんて消耗品。今まで着ていたGAPの綿100%のシャツは数回洗うと直ぐに首周りがテロテロになってしまうが、コイツはそれほど型崩れしていない。更に洗濯後の乾きが早いので、週末しか洗濯時間のない、梅雨時の独り者の味方だ。

 まぁ、それでも先週の真夏日に都内を歩き回ると、乾く速度がおっつかなくてスーツの背中に塩が吹いていたが…。今度は涼感スーツでも試してみるかな。

|

« 七夕 | トップページ | 吸汗速乾ワイシャツは買わなくてよし。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/41776390

この記事へのトラックバック一覧です: 吸汗速乾:

« 七夕 | トップページ | 吸汗速乾ワイシャツは買わなくてよし。 »