« 味噌カツライスバーガー | トップページ | 納豆 »

2008/08/29

達筆

達筆
犬山城下の体育館前で、私は足を止めた。いや。体育館の前に掲げられた、この木製看板に目も心も奪われたと言うのが適当か。

説明の必要もあるまいが、まず、全体のバランスが秀逸だ。
会の発展を祈念し、真っ直ぐに、朗らかにに貫かれている。
力強い祈りと、揺るぎない意志がスッと心に染み入る。

見てください、この『犬』の字。
今にも野山に駈けて出そうな躍動感。
『山』には、眼前に迫り来る重圧感があり、思わず息を呑む。『山』一字で泰山鳴動を表す筆力に圧巻。

『協』の『力』においては、地元の子供達が体育館の中で、競技に夢中となっている様子であろう。
鮮烈な中央の筆跡に隠れ、お気づきにならない方もいるかもしれないが、右手の『特定非営利活動法人』は唐代の書家、欧陽詢の字を正確に模している。

地方の街で、かような名蹟に出会うとは予期せなんだ。

若木に書かれているようで、比較的最近の作だと思われるが、余程名のある書家の手に違いない。
平成の三蹟となろう方の作品に出会う事のできた今回の出張は、大変意義あるものであった。

|

« 味噌カツライスバーガー | トップページ | 納豆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ネタかと思ってググったら、ちゃんとあるのね大’山市。

>あなたの心が、「?」から「!」に変わる町、
>それが犬山です。この町では、天使が空から
>舞い降りて、翼を休めにやって来ます。
>どうです?あなたも心の翼を羽ばたいて、
> 思いきり羽を伸ばしに来てみませんか。

だそうです。御華畑の多い土地なのかも知れませんね。
あんまりやってると怒られるよしかし(わ

投稿: tab | 2008/08/30 23:29

心から褒めてるのさ…。
犬山城とならび国宝に価するよ。

投稿: 771○ | 2008/08/31 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/42304902

この記事へのトラックバック一覧です: 達筆:

« 味噌カツライスバーガー | トップページ | 納豆 »