« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

そうだ、京都に行こう。

そうだ、京都に行こう。
そうだ、京都に行こう。
京都駅は完全にSFチックなんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

INTO THE WILD

INTO THE WILD
いい映画だった。

演出や構成には山ほど不満はある。
無駄に第四の壁を破ったり、説明調の饒舌なナレーション、奇をてらったサバイバル描写…。
そもそも妹は兄貴の気持に間違ったシチュエーションを付加してると思うんだがなぁ〜。
グルッとひっくるめてショーン・ペンの力不足は否めない。

ただ、それら全部を補う程、圧倒的にテーマが良い。
そうテーマなんだ。
映画としては残念な出来だが、主人公のクリスという男と出会う機会を与えてくれたこの映画には感謝したい。

いい映画だった。
旅に出たくなる。
トリップやツアー、トラベルじゃない、ジャーニーやボヤージに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/28

牛に曳かれて・・・

牛に曳かれて

善光寺。

突然このフレーズが口を衝いたのだが…。

『牛に曳かれて…』って何?謎だ…。

勿論、善光寺詣の描写だとは思うけど、何でこのフレーズを知ってるんだろう、俺?
何百年も残るキャッチコピーなんかな?

私たちが歴史的な建物に臨むとき、「なんだ、たいしたことないな・・・」と思いがちだ。それは高層ビルや、大型建築に見慣れた現代の私たちの目がそう思わさせるのだ。彼らは交通手段もない当時に、牛車に揺られ何日もかけて山奥に分け入り、ようやくこの建物を見るのだ。

その感動、驚きを私たちは計り知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/26

TRAKTORでニヤニヤ遊ぶ

前回エントリーの音関係の流れで、TRAKTORの話などを...。

 もう10年も昔になるけど、仲間と毎月アフターに小さなハコでイベントやったりしてました。当時は月に何万円もCISCOに寄進して、でっかいレコードバッグ担いでウロウロ。おかげで今でもSL-1200MK2と初期のCDJと古いミキサーがデーン!と、ただでさえ狭い部屋の片隅を我が物顔で占領してます。

 元来「にゅろ~んとマガリ」重視のオイラは、昨今の「ブチアゲ一辺倒」へのトランスシーンの変化に馴染めず、テクノやミニマルに足を突っ込みかけたものの、そのままフロアの端から落ちてしまった。自然とレコード収集もしなくなり、ターンテーブルはホコリがかぶる...。まぁ、そんな奴は腐るほどいるんだろう。

でも、やはりmixの楽しさは変わらないですね。

今でも時々ターンテーブルに火を入れて、自宅で遊んだりしてます。
ピッチのあわせ感はすっかり落ちていて、ズンドコズンドコしながら苦笑い。
Long mixが「ビッシ~~ッ!」と決まった時は、やはり、うしゃしゃしゃ!と微笑んでしまします。

 時代はアナログからDATへ、そしてCDからmp3へ。
人からお金を頂戴して遊んでもらうなら、やはりアナログの音質か最低でもCD程度のサンプリングレートの音質は必要なんだろう。でも自宅でニヤニヤ遊びをするならmp3ベースのPCDJがお手軽でいい。
んで、ここ1年位自宅マスターベーションにTRAKTORで遊んでいます。

Ni_traktor3

 こいつPCにインスコすれば、誰でもお手軽にDJ気分を味わえます。
しかも「SYNCボタン」なんて超サボリ機能がついがついている。最大4つのソースのピッチをアッという間にあわせてくれるんでっせ。なんなんだろうね~これ!(笑)
何年もかけて習得するDJの職人技の存在意義が...。曲のBMPを解析して、ボタンをクリック。アッ!という間にエセJeff Millsの誕生。

 しかもBeatportというダンスミュージック専門ダウンロードサイトと連動していて、休日にレコード屋巡りの手間もないし、在庫切れの心配もなし。欲しい曲を試聴して、気に入ったものをクレジット決済。1曲2ドル程度なんでジャカスカ購入。視聴の列に並ぶイライラともオサラバです。音源は所詮mp3(320kb/s)なんで、大箱でのイベントには耐えないでしょうけど、小箱の身内のイベントなら、泥酔しながらでもmixできるから重宝しそう。
#特に前とか後ろでレコードを使われたら、音質の差が歴然としてしまうんだろう。

 まぁ、自宅マスターベションDJ用には、全く不満はないですね。

 さてここで一つだけ問題が。マウス操作だと、どうしても2つのツマミを同時に動かせない。つまりフェードイン途中で【A】のLowcutを切り、同時にドンっ!と【B】のLowcutを戻すなんて基本的な芸当ができない。まぁ、当たり前といえば当たり前。Keybordにショートカットを割り当てることもできるんですが、やはりミキサー感が欲しいところ。

んで、こないだVestaxのMIDIコントローラーも買っちまいました。(散財とは言わないでください。文化的な投資なんです。)

Pcdj

 ただ、まだちょっとコントローラーはデリケートじゃないねぇ。クロスフェーダーなんかは、いきなりゲインが大きくなる感じ。まぁ、遊びには十分です。スクラッチ等を必要しないテクノDJなんかは、もうすこし良いコーデックでトラックが入手できるようになれば、ドンドンこういうスタイルに置き換わっていくんでしょうね。もしくは、MIDIデータだけ入手して、PCで直接音を鳴らすとかね。

#安定的且つ良い音を鳴らすためには、ある程度のマシンパワーと、良いサウンドカードが必要です。ヘッドフォンモニターをするにはステレオアウトが2つ必要なんで、NOTEPCなんかで使う場合は外付けサウンドカード(オーディオインターフェース)も買わにゃならんのでご注意を。仕事用レッツノートにインスコして出張先とかで遊びたいんだが、ちょっとパワー不足。そもそもHD容量が小さくて曲が入らない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/25

何匹いるでしょう?

何匹いるでしょう?
今日は新潟に寄ってから長野に戻り、そこで宿泊予定。
新潟‐長野はかなり行きにくくて、一度、高崎まで戻ることになる。
一日の勤務時間のうち、6時間が移動。これはこれで辛いもんです。

どうせ泊まるなら、海があるところがいいのだがなぁ。
最近蕎麦が続いてるんで、海鮮食べたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

KORG DS-10でニヤニヤして遊ぶ

Ds10

これ知ってますか?
最近ずっとハマってます。まぁ凄いですよ。

NintendoDSがシンセになる。

二つのアナログシンセと簡単なドラムマシン。
シンセはパッチングまでできるので、完全にオリジナルの音から作れます。
もちろんシーケンサーも内蔵していている上にリバーブにフランジャー、コーラス、とエフェクトも用意。
そして抜群にDSと相性がいいのが、KORG社ご自慢のカオスパッド!

シコシコとパターンを作って、組み合わせる。

「ハイ!アナタも、にわかテクノミュージシャン!」

いや、きちんと作り込んだら、相当なダンスミュージンクも作れます。
マルチプレイも可能なんで、並べてライブとかってのも全然アリでっせ。

一昔前なら、ウン十万円以上も機材を揃えなきゃならないのに、これで4,800円ってどういうことよ?

技術革新とは恐るべし。これでMIDIがついたら最強なんだが...。

まぁまぁ、百聞は一見にしかずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

ダイエット

最近忙しく、且つ、ちょっと凹んでいた関係もあって自然と食欲が減衰。
おかげで1週間で体重が3kgも落ちた。(笑) ぶっちゃけ、ここ数年でかなり体重が増していて、かなり危機的な状況にあったんです。フロアから足が遠のいた直後から、ジワジワと…。

まぁ、そりゃそうだ。毎週終電で六本木に向かい、アフターまでしっかりフロアに生き残る。夏は夏で山奥にかり出され、雨の中の過酷なブートキャンプ。
そんな生活じゃ太れるわきゃない。 最近は脇の上のボニョとか、ズボンがはち切れそうだとか、背中が丸くなったとかと、心ない誹りを受けていたんで、折角のこのチャンスを逃しちゃならん。

つうわけで、今晩はパスタサラダ。隣のレモンサワーは目をつむる。

Sn381282

巷には色々なダイエット法が溢れてますが、食わないのに勝る方法は無いですね。
あと5㎏は落とす予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/17

神戸で復活してます。

なんか柄にもなく、思わせぶりなエントリーが続き、皆さんにご心配いただいたみたいで。ご連絡いただいた方々、すいません&ありがとうございます。

ちょっと、凹んでセンチメンタルになってました。ダッセ~~~~~!
ご存じの通り、基本バカなんですぐ忘れます。(笑)


んなわけで、今日は出張で兵庫の神戸に来ています。
神戸といえば、神戸系ファッション?
三宮のマクドナルドで時間をつぶしながら、街行く女の子を眺めてます。
確かに東京に比べると、明るい色に染め、カールをかけた長い髪の女の子の割合が多いみたい。
ぶっちゃけ嫌いじゃないです。(笑

つうか、このマーケットの激変期に何やってんだか。
おかげで株売り損なって、大損こいてます。
また塩漬け銘柄が...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

凸【サヨナラダケガ人生サ】

勧 酒   于武陵

勧君金屈巵 

満酌不須辞

花発多風雨   

人生足別離

あと一杯ぐらい、付き合えよ。

もう飲めないなんて、ツレナイことは言うなよ。

花の咲きかけに、嵐が来くるようなもんかね。

所詮、遅いか早いかの問題さ。いずれ誰とも別れるもんだ。

コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトヘモアルゾ

サヨナラダケガ人生ダ

井伏鱒二はスゲーな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

なんだこのアクセス数?!

 ここはご存知の通り、広大なインターネット空間の片隅。無駄にサーバリソースを食らいながら、ひっそりと独白を垂れ流しているブログです。普段の更新時でも、ユニークユーザー50人程度で推移。影響力も過激さも、目新しさもなく、地味な戯言をテキトーに書いてる。
mixiの某コミュで、何かのテーマで批判が集中した時なんかに、猛烈に足跡がつくので、日記としてもマイミクさん関連にしか公開していない。

 いつもコメントしづらい、話題ばかりでスイマセン。

んなわけで、殆どアクセス数も変わらないから、アクセス数推移なんて気に留めていない。まして知らない方からのコメントを頂戴することもまずないので、リンク分析なんかもしない。だが昨日、珍しくコメントをいただいた。ちょっと気になりアクセス数を見てみると、いきなり600アクセス!ユニークユーザーで400だって!?

なんだなんだ?

昨日のエントリーは、特に微妙〜な話題...。LHCの話題だぜ?一体何が起きたんだ?

もしかしてLHCって名前のアイドルグループでもいるのか?

それとも、知らぬまに世の中のタブーに触れて、どっかで晒しもんになってんのか?

いや、DoS攻撃の窓口にでもなっているのはあり得るな。

わかった!アマゾンに上げたホメオパシー批判レビューの報復攻撃か?

 などと、生まれて初めての嫌な汗をかきながら調べてみると…

@niftyのポータルのトップページ下部に『今日の注目!ブログ』ってところにリンクを張られてた…。

びっくりするなぁー。ニフティなんてマイナー(?)なポータルの、最下部の目立たない場所でもこんなに影響あるんですねぇ。

『ブラックホールだってできるかも?重さ解明の新実験』
ニフティの中の人がタイトルまでわざわざつけてくれている。

だけど、こういうの事前に何の連絡も無いもんなんですねー。
なんか自宅で酔っ払ってパンイチで寛いでたら、その姿をの渋谷Q‐FRONTで映されていた気分ですわ。

400人にも読まれるなら、もうちょっと面白く書いたのに。(無理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

LHC稼働

Lhc_2

googleのバナーがLHCになっている。
理系の会社らしいチョイスですが、大半の人は「何それ?」って感じでしょう。

  このLHC(Large Hadron Collider)はハドロン衝突型加速器っつうやつで、CERN(ヨーロッパ合同原子核研究機構が5000億もかけてつくった装置。1周が山手線ぐらいあるトンネルをジュネーブの地下に掘り、真空のリングを埋め、そこに陽子を光速の99.9999991%まで加速させて正面衝突させるという仰々しい代物なんです。ヨーロッパにあるけど日本の多くの科学者も、その中のATLASという検出装置に携わっている。

 あらゆる物質は原子でできてる。その原子の中心には原子核があって、さらに原子核は陽子と中性子が組み合わさってできている。その陽子同士を光速でぶつけると、さらに小さな素粒子が飛び出る。
この素粒子はクオークとかレプトンとかゲージ粒子とかいわれているのだが、これらの素粒子はぶつかるエネルギーによって、違うものが生じる。
所謂、E=mc^2のとおり、エネルギーは質量の光速の二乗の積に等しいつうわけで、デカイエネルギーを与えると重い質量の粒子が生じるというわけだ。

んで、今回このバカ強力な加速器をつかうことによって、重い素粒子を観測しようって試みだ。

これで何を調べようかっていいうと「なんでモノには重さがあるの?」ってことだ。
ゲージ粒子の仲間で「ヒッグス粒子」ってのがあるんじゃないかと予想されてて、こいつを見つけようとしている。

 光(光子)は質量も電荷ないので、秒速30万キロで進むことができるが、その他の電子や素粒子は、このまだ発見されていないヒッグス粒子に引っかかる(抵抗を受ける)ために光速で飛べないといわれている。その引っかかりによって、質量(重さ)が生じているんじゃないかという理論を実証しようって話だ。このヒッグス粒子が見つかれば、「重さ」つうのはどうして存在しているかということが解明されるといわれている。

 あとは宇宙論なんかで予見されている、目には見えないが(電磁波なんかでは観測されない)質量をもつといわれている、暗黒物質(ダークマター)の存在を、超対称性粒子を見つけることによって確認できるかもしれない。これが何を意味するかというと、宇宙空間で真空で空っぽだと思っている場所が、私たちが「物質として認識できない物質」で満ちあふれているということになる。
この暗黒物質は、私たちが普通に知覚している物質の5倍ぐらいあるんじゃないかといわれているんで、実際、この世の中は、人間が知覚できないモノの方が多いってことになる。

 また、馴染みのあるところでは「人工ブラックホール」。ブラックホールですよブラックホール。あの何でもかんでも吸い込んじまって、光でさえ脱出できないというブラックホール。ブラックホールを観測できれば、我々の認識している3次元以外の世界があることにもつながるといわれている。(グラビトンという重力子が、別な次元に逃げてゆくので重力の力は小さいということになるという)

これ全部SFじゃなくて、現実の話でまじめにやってるんですよ、今日からスイスの片田舎で。

 当然ながら俺はそれらの上澄みの部分しか理解できないけれども、この成果によっては、今後の人間の世界観を大きく変える発見がなされるような気がする。

科学は時に社会に対し大きな影響を与えてきた。

 地動説で、この世界が宇宙の中心という特別な場所でなくなり。
 大陸移動説で、大地は浮いて流れだし。
 進化論が、人間だけを特別扱いしてくれていた神を退場させ。
 DNAの発見により、隠されていた生命の謎が解明されつつある。

 LHCの成果から、これからの私たちの世界観や価値観、倫理観、宗教観に大きなインパクトを与えるものが出てくる可能性がある。
どんな発見がなされるのかが楽しみであると同時に、その発見の驚きと感動を自身がキチンと受け止めるためには、ちょっと勉強もせにゃならん。
残念ながら全く何の準備ができていないと、この辺の「スゲーなおいっ!」っていう感動を味わうのは無理だろう。だって、全てが知覚できないところの話なんで...。
 このあたりの話題の本当の不思議を不思議だと感じるには、受け手も相応に訓練しとかなきゃならない。歌舞伎のすばらしさを味わうには、ある程度歌舞伎の知識がないと、全くその良さがわからないのと同じだ。

 同時に半可な理解で、変な新興宗教や疑似科学商品なんかに利用する輩も登場するんだろうなぁ~。

「ヒッグス粒子含有水!でガンが治る!」
「人工ブラックホールエネルギーによる、マイナスイオンで空気の汚れを除去!」

うん、なんか確実に出てきそう。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/09

自由人だってさ。
わかんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/07

神戸 洋食の朝日【ビーフカツ】

神戸元町アサヒ食堂【ビーフカツ】

洋食が好きだ。
フレンチとかイタリアンではなく、下町のジャパニーズ洋食。
最近ハマっているのはビフカツ。東京ではあまり目にしないが、兵庫の洋食屋には、ほぼ必ずメニューにある。

三宮『赤ちゃん』や『もん』は、なんか暗い感じの店だが、ココはうってかわり、明るく清潔な感じの店。客層も家族連れやカップルが多いようだ。

 神戸のビフカツは大きくわけて二つのタイプがある。
老舗店のビフカツに代表される薄切肉を使用し、軽いコロモでさっくり揚げられたものと、ご覧の朝日のような厚切りタイプのもの。デミグラスを味わうには薄切りのカツもいいんだが、やはり厚切り肉パワーも捨てがたい。朝日ではデミグラスも肉に負けない程たっぷりかけてくれる。
 人気店で昼時は行列ができる繁盛ぷり。なので必然相席が前提となり、ついつい向かいの客が頼んだものに目が奪われてしまう。

 実は前回はランチをオーダーしている。ランチはハンバーグと海老フライのセットで、それも大変旨かったが、その時の相席したオッサンが自慢気に食っていたビフカツがあまりに旨そうで、本日リベンジに来たのだ。(笑)

 ビフカツ、ウメェ!

オッサンが自慢気になるのも、うなづける。

しかし、今日は今日でまた問題発生。
本日相席だった地元の女の子(芦屋スタイルギャル)が食っていたのは、肉厚の生姜焼き定食だ。

『ビフカツ?まだまだね…』

『ツウは生姜焼きなのよ!』

と、彼女の目が雄弁に語っていた。
次回は生姜焼きに決定…。

大きな地図で見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/09/06

なんか淫靡な場所に来た

なんかエロイ

水とか垂れてるし…

疲れてるな、俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

納豆

納豆
水戸駅南口のペデストリアンデッキにて。

右下の小さなブロンズの箱にサブタイトルが刻まれいる。

『納豆のように粘り強く』

これココに必要か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »