« 日本海側は大荒れ | トップページ | 飛行機 »

2008/11/21

タマといえば…

タマといえば…
タマと言えば猫、ポチと言えば犬と相場は決まってるんじゃないのか?
新潟駅構内にある『忠犬タマ』像。雪崩に飲み込まれた主人を2度も救い出したらしい。

雪崩は怖い。ガキの頃毎日滑ってた手稲山でも、数年に一度死者が出た。滑走禁止のオリンピック男子大回転コースを、調子にのって入り込んで殺られるのだ。

平均斜度35度、最大40度以上の新雪コース。
スキーをしない人は35度なんて大したことないように感じるかもしれないが、実際その場に立ったらタダの崖。この恐さはテレビでスキー競技を見てるだけでは、なかなか伝わらないと思う。
アイツらみんな頭オカシイから。
ダウンヒルなんて、ある意味レオタードで崖を時速100㎞以上で落下する、根性試し競技だと思って間違いない。(笑)

ボードが流行り出してから、その新雪コースに惹かれて突入する奴が後を絶たないらしい。

雪崩の捜索は大変なのよ。クソ寒い吹雪に二次災害のリスクがある中、何十人もが横一例にならび、長いパイプや竹棒をプスリプスリと雪に刺してゆく。
気持ち悪いから、俺の一刺しが死体に刺さらないように!って祈りながら。
それか身勝手な自爆馬鹿なんて、どうせ窒息か凍死してんだし、春までカチンカチンで腐りもしないんだから放っときゃいいのに…と内心思ってるはず。

台風の時に水路を見に行くジーサンと、禁止区域の雪山入るボーダー、スキーヤーは『探さないで下さい』って一筆書いてから出かけるように。

テンション下がったあと、雪景色に心が洗われて、優しい気持ちになれまました。

|

« 日本海側は大荒れ | トップページ | 飛行機 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/43183447

この記事へのトラックバック一覧です: タマといえば…:

« 日本海側は大荒れ | トップページ | 飛行機 »