« ホテルのベッドの横には | トップページ | 烏城(からすじょう) »

2009/03/13

タマラン道

タマラン道
愛知県北部に来ている。
今日の濃尾平野は雨。雲は薄く空は明るいが、雨足はかなり強い。

この周辺に来ると、いつも思う。
おそらく日本で一番、運転につまらない地域だと。

のっぺりとした平野に、ダラダラと、本当にダラダラと市街地が続く。道の際まで低層の住宅が迫り、意味の無い植栽で区切られた歩道。道幅も狭く車両も多い。

素敵なコーナーもなければ、ときめくアップダウンもない。

こんな道が一番退屈だ。
前方のテールランプだけを見つめ、ただ漫然と流されて行くだけ。
退屈で退屈で反吐が出そうになる。

この地域が、世界の自動車産業の総本山である事は、皮肉ではないのか。

朝里峠。
ダムの上の高速コーナー。
ナトリウム灯に光る、オレンジのセンターライン。
スーパーチャージャーのエンジン音をかきけす、爆音のユーロビート。

160㎞オーバーのスピン。

川底に落ちたアルミホイールは、今も雪に埋もれているだろう。


大きな地図で見る

|

« ホテルのベッドの横には | トップページ | 烏城(からすじょう) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>160㎞オーバーのスピン

こわっ・・・
それは免許取立ての頃?

あたしも半年ほど前、雹に乗り上げて100キロオーバーのスピン・・・・その間の3、4秒間ほんとに走馬灯のように過去の出来事が出てきて「ああ、こんな死に方なんだー」って思ったよ。

周りは土壁で「ぶつかってたらほんとに死んでたよ」とポリスマンに言われたんだけど、あたしはと言うと、少しだけあったガードレールの柱に後ろから激突して止まった・・・・

「ツバメ、ヒバリ・・・ごめんね。」って言った所で止まってたよ・・・こ、怖かった!!

投稿: YUKI | 2009/03/15 19:33

ティーンエイジの頃さ。
車前方回転して、運転席と助手席以外は完全に大破。ボンネットが木の高い所に引っかかってた...。

その瞬間まで後方の車でビデオとっててさ、
撮影者の「あ~~~~~~~~!絶対死んだ!」って声で映像が終わってる。

むち打ちとニキビつぶれた位の怪我だったんだけれども、そのあとずっと震えが止まらなかったのを覚えてる。

投稿: 771○ | 2009/03/16 07:38

>そのあとずっと震えが止まらなかったのを覚えてる。

分かる~!足がガクガクして暫く歩けなかったよ。その瞬間体に力すごく入れてたみたいで顎と背中と腕が3日間くらい激痛だったよ。車はもちろん廃車・・・・

>ボンネットが木の高い所に引っかかってた...。

これ、どういう状況!?
スピン中にボンネットはずれて飛んでったってこと!?

しかし、ムチャなティーンネージャーだったんだな・・・君は。


投稿: | 2009/03/16 13:22

この時以降、自分の死を、ダイレクトに肌で感じた事はないかも。
それこそ、男が本気で熱中できるのは、危機と遊びだよ!(笑)
この歳になっても、何処かに火種は残ってるんじゃないかなぁ…。

投稿: 771○ | 2009/03/16 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/44333039

この記事へのトラックバック一覧です: タマラン道:

« ホテルのベッドの横には | トップページ | 烏城(からすじょう) »