« 新幹線ブレックファスト | トップページ | 積雪せず »

2009/03/02

月の欠片

 前夜の二日酔いもあり、日曜はダラダラと部屋の中で過ごした。
午後になり、ようやく酒も抜け、「いざランニング」と思ったものの、あっさり日和ってウォーキングと名を変えた散歩に方針変更。夕刻から代官山近辺をプラプラ歩いたりしていた。

日中、軽く雨が降ったので、久しぶりに夜空が開けていた。西に目をやると、少し赤見がかった三日月がひっそりと残っていた。
#ココで調べてたところ、昨夜は月齢4.1だったようだが、新月から上弦までの間をざっくり三日月と呼んでもいいだろう。

よくよく目を凝らしてみると、月の暗い部分の輪郭が、地球のアルベドによって淡く光っていたようだ。この月の欠片が見える現象を地球照というが、東京のような明るい空では、なかなか気付くことがない。

 地平線から近い月は、ずいぶんと大きく見える気がするが、これは錯覚である。地上との対比によって大きく見えるだけで、実際は天頂付近でも、地平付近でも0.5度程度の大きさしかない。0.5度という大きさは、五円玉を指先に持ち、腕を伸ばした時の穴位の大きさだ。硬貨の穴から月を眺めると、実際の大きさがよくわかる。

因みに、腕を思いっきりのばしサムズアップ(b←コレね)をした時、小指側から親指の先端まで間の角度は約15度となる。この15度って角度は、なかなか便利なので覚えておくといい。
なんでかっつうと、1時間に太陽や月が移動する角度は360度÷24時間=15度であり、地平線に小指の端を合わせて、親指の高さに太陽があるときは、日没までほぼ1時間ということになる。

 ツーリングや長距離ドライブなんかでは、時間の経過の感覚が麻痺してくることがある。
何かに追われるように、もう少し先へ、もう少し遠くへと。あるいは、この先に何かがあるはずだ、もう少しで何かが見えてくるはずだ。そんな気分になる時がある。
俺はこの気分の変質を「よだかモード」と呼んでいる。

「よだかモード」に入ると、気付かぬ間に、すっかり辺りは夕暮れの景色に...。
キャンプツーリングで野営地点を探すのは、必ず明るいうちでなくてはならない。実際、林道の行き止まりなんかにテントを張ることが多いのだが、暗くなってからのテントの設営はロクな事がない。道中の砂利道でコケたり、窪地で水が出たり、野グソの上にテントを張っていたり、実は夜景スポットで、カーセックスの車に囲まれたり...。

従って、よだかモード終了後に野営地点を探すのは、日没までの時間との勝負だ。
そんな時、腕を伸ばし指を立て、太陽の高さを測り、日没までのおおよその時間を検討をつけるのが便利だ。まぁ、実際、夕日を眺めちまった時点で、時既に遅しって事の方が多いのだが...。

話がそれた。

 日食という現象でわかるとおり、太陽と月の地上からの見かけの大きさは0.5度でほぼ同じである。この絶妙な大きさの一致により、稀に金環食や皆既日食でのコロナを観測する事ができるのだ。

 『どうして地上からの太陽と月の見かけの大きさが一致しているのか?』

それに理由はないし、答えもない。

単に月と太陽の実際の大きさと、それぞれの距離がおりなす、『偶然の』自然現象だとしか説明されていない。太陽と地球と月の質量に依存し、公転周期と公転半径は物理法則によって説明することはできるが、なぜ、その距離、そのスピードになっているのか?という形而上の問題への答えは存在しない。

講談社から「世界百不思議」という雑誌が創刊されたとのこと。初刊190円でUFO事件を暴くのだと、連日CMが流れている。

 「UFO vs. 地球軍。中世ジェノヴァで大戦争」

 「UFOは、軍事兵器だったって?」

 「麦畑のミステリーサークル?」


 一体なんでそんな手垢のついた、神秘に飛びつくんだろう?本物の天体スペクタクルの神々しさの前では、偽物の腐臭は我慢できないだろうに。

 「宇宙はエレガントな事実や、絶妙な関係や、畏敬すべきからくりに満ち溢れている。」

 俺は無神論者ではあるが、こうした神秘に触れると神性の存在を意識しちまうことがある。
その神は決して、人を裁いたり、説教じみた言葉を発したり、戒律を押し付けたりはしない。
まして、人間なんて塵のような存在の姿をやつすなんて...。

|

« 新幹線ブレックファスト | トップページ | 積雪せず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日は上弦4分の1だったんだね。半月は4日か・・・

「よたかモード」は夜のジョギングにも当てはまるかも・・あとは、パーティー帰りの車の運転。
「もうダメっぽいんだけどまだ行ける!いや、逝ける・・・」って時(笑)


>この絶妙な大きさの一致により、稀に金環食や皆既日食でのコロナを観測する事ができるのだ。

Shuくんのこのタイムリーなトピックを逃さず、業務連絡失礼します。イヒヒ!
今世紀最長、トカラ皆既日食のおまつりWEBサイト。
や、やっと出来そう。(出来た!じゃないところがポイント)

http://www.sunmoonfes.net/

興味のある方、ぜひ見てください。
書き込み質問も熱烈歓迎ヽ(´▽`)/

投稿: YUKI | 2009/03/02 18:36

>åœ 3~4年前から吐噶喇各島や行政への

機種依存文字発見!

投稿: 771○ | 2009/03/03 11:22

あ、やば!

投稿: YUKI | 2009/03/03 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/44221613

この記事へのトラックバック一覧です: 月の欠片:

« 新幹線ブレックファスト | トップページ | 積雪せず »