« 乗るの怖いんですが… | トップページ | ネコにタウリン »

2010/03/08

VAIO Zをポチった。

 会社では、自腹で購入した、個人のノートPCで仕事させられていたのだが、いい加減に会社で仕事用PC買ってもらってもいい頃なんじゃないか?と、毎日毎日グチグチ言い続けていたら、やっとお許しがでた。
なにせ、今までは社内で一番Specの低いPCを使っており、皆がやたら重いエクセルを作るので、俺だけファイルを開けないなどという状態もしばしば。

ただでさえ、今年度は2人月もマンパワーを投入しているのに、処遇は前職よりかなり低いっつう状態だぜ。
そんな仕打ちは無かろうぜ、セニョリータ。

ということで、少し贅沢させてもらうことにして、先日発表されたVAIO Zを買ってもらうことにした。
実は直前まで、軽量で質実剛健なビジネスマシン代表格Thinkpad X201sか、もう少し購入を我慢して、遊び心のMacBook Air新モデルにしようと思っていた。
だが、ITメディアの提灯記事を読んで、あっさり翻意。(苦笑

13インチ(1920×1080)ディスプレイに、Core i7、クアッドSSDとBlu-rayドライブを備えているのに、標準バッテリーでも6時間稼働のスタミナと1.3Kgの質量。クアッドSSDでRAIOなどという、ハッタリの効いたモバイルPC最強仕様に思わずポチっちまった。

オーダーメイドの仕様は以下
Vaioz_2

 もともとType-Zは、ソニー信者ウケする機種だということに加え、今回はWindows7発売後に、初めてCore i7を乗せたフルモデルチェンジということもあって、その訴求力は相当なもんだったらしい。
なにせ注文受付開始の3月1日から2日間もソニースタイルがつながりにくい状態だった。
その煽りを受け、納品まで1ヶ月以上かかるらしい。

まぁ、1ヶ月程度遅れても、冬ぐらいまでは最強モバイルノートの地位を確保できるのかな...。

ただ、今回のモデルでちょっと残念なのは、次期I/Fのスタンダードになるであろう、USB3.0に対応していないところだ。今のところExpress cardスロットに対応インターフェースをぶち込めばいいか。と自分に言い聞かせている次第。

ただ、落ち着いて考えると、俺は3Dゲームも、動画編集も、RAW現像さえもしないので、あまりこのスペックを使い切るシーンが無さそうだ。

強いて言えば、会社の名刺を作る時に、Illustratorが軽くなったるって程度かな...。

本来このPCは、カメラマンが撮影先でデータを現像したり、我が子を撮影した動画を、マイホームパパが編集したりする為のスペックなんだろうな。

マシンパワーを持て余すのは勿体ないので、主客転倒だが、RAW対応のちょっといいコンデジでも買おうかな。

|

« 乗るの怖いんですが… | トップページ | ネコにタウリン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/47744131

この記事へのトラックバック一覧です: VAIO Zをポチった。:

« 乗るの怖いんですが… | トップページ | ネコにタウリン »