« harukaze 2010 | トップページ | 【葬式曲mixその4】 『This Sweet Love』James Yuill »

2010/04/05

【VAIO X】出かける時は忘れずに。【古っ!】

 両親を妹のところの孫に会わせようと、期限切れ寸前のマイレージで航空券を送ったところ、わらしべ長者となった。(苦笑

 VAIO三兄弟。

 兄弟の予定だったが、思いがけぬ授かり物がきたので、3機種並べたWindows エクスペリエンス インデックスを。

 ■VGN-TT51JB(VAIO T) ~エンターテイメントモバイル~

Vgntt51jb


 ■VPCX11ALJ(VAIO X) ~お出掛けモバイル~

Vpcx11alj


 ■VPCZ1(VAIO Z) ~スペック厨モバイル~

Vpcz1

 一度Zを触ってしまうと、AtomのXはもちろん、core2Duoのスピードさえストレスが溜まってしまうのは仕方がないのかな。ただこうしてみると、Zの色物クアッドSSDも「7.8」と、Xの単体SSDの「6.2」と比べ大幅にポイントを伸ばしていのが興味深い。

 このエントリーはXで書いているのだが、見た目の薄さから受ける印象とは異なり、筐体の強度は非常にしっかりしている。キーボードはSONYお得意のアイソレーションキーボード。この薄さを実現するために、タッチが少し浅い感じだが、長文を書くもの全く問題はないレベルだと思う。出荷設定のままだと、タッチパッドのスクロールのWEBアシスト機能が敏感に反応しすぎでうざかったのだが、若干調整をしてみると問題なくなった。
 また、ソニーらしいこだわりである液晶の発色は非常に良い。視野角は若干狭いものの、最近流行の低価格CULVノートとは一線を画す高品質な液晶である。

 マシンパワーは、やはり非力なAtomでは動画再生などは厳しい。1080pはもちろん720pでもコマ落ちしてしてしまう。YouTubeでは480pまで落とすと、コマ落ちなく問題なく視聴できるようだ。
 エクセルやワードなどビジネスソフトでは、やたらめったら関数が埋め込まれている、スマートじゃないエクセルファイルでなければ、サクサクとまでは言えないが、ほとんどストレスを感じることはないんじゃないかな。
もっとも俺は、昔からの癖で、複数のアプリケーションを同時に立ち上げたり、山ほどタブブラウザでページを開けっぱなしにするような使用方法ができない体になっているので、この程度のスペックさえあれば、大抵のビジネス用途は事足りてしまう。

 ただ、このマシンは万人に勧められるマシンではない。

1台だけノートパソコンを購入する必要に迫られているのであれば、それをVAIO Xに当ててしまっては、十中八九は後悔すると思われる。あくまで母艦(メインマシン)があっての、サブノートPCの位置づけだ。自宅には相応のスペックのマシンがあり、そのサテライトとしてXを活用するべきだ。

 VAIO Xの薄さと軽さは、新しいノートPCの活用スタイルを開く。

標準装備のWANと、Lバッテリーで公称10時間(実質5~6時間)、オプションのXバッテリー公称20時間(実質10時間)のスタミナと相まって、「パソコンを持ち出す」という心的な障壁が低くなるのだ。

 バッテリーの持ちが悪い、2㎏近い重さのノートでは、買い物や散歩などのちょっとした外出へのモバイルマシンの「お供率」は決して高くないはずだ。実際今までのVAIOTであっても、俺の持ち出し頻度は10%程度だろう。ただ、このXであれば70%程度の頻度で持ち出す気分になるんじゃないかと思っている。

 出掛ける時に、財布、携帯、んで「Xもっていこ」って気分にさせられる、この気軽さがXの最大の魅力だ。実際、雑誌程度の大きさと重さしかないのだから。


 昨日、米国でiPadが発売のニュースが流れたが、XはiPadやiPod touchのターゲットユーザーと重複していそうだ。Xは、ノートPCというよりもiPadと同等の大きさと重さで、打ちやすいキーボードがついている【ガジェット】というカテゴリーで捉えることもできる。(もしくはポメラじゃやっぱり物足りない!って人にもいいのかも。)


>TAB氏
 毎日ガシガシ持ち出して、キーボードである程度の文量のタイピングし使い倒すなら、結構いいと思うよ。SSDなんで、ちょっとぐらい雑に扱っても壊れる心配ないし。
#マカーにVAIOを勧めるのという、禁じ手をしてみる。(笑


Dsc00098

 オプションのXバッテリーは世界一かっこいいバッテリーらしい。(開発者談)
結構、底面は熱くなるから、こうして空間を設けるのは放熱にメリットがあるし、キーも打ちやすくなってよろしい。

|

« harukaze 2010 | トップページ | 【葬式曲mixその4】 『This Sweet Love』James Yuill »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

出たとき悩んだよVAIO X。Atomは速度的に、ちょっと耐えられないのであきらめたんだけど。
でもキーボード無くてXより重いiPad買わなきゃならん。
仕事的に入手しとかないとね(ここは普通の場合、逆なんでしょうが)

投稿: TAB | 2010/04/05 11:12

この子は使い方次第だね。
もう少しパワーがあれば、文句ないんだけれど、スタミナと手軽さのトレードオフだから多くは望めないと割り切りが必要だわ。

今後はハードディスク仕様のTは、どうしても持ち運びに気をつかうので、お蔵入りになりそう。
ピカピカに磨いたポルシェではなく、ゼロスピンドルらしく、二年で償却するつもりの泥だらけのレンジローバーの様に扱うのが吉。

投稿: 771 | 2010/04/05 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/47999242

この記事へのトラックバック一覧です: 【VAIO X】出かける時は忘れずに。【古っ!】:

« harukaze 2010 | トップページ | 【葬式曲mixその4】 『This Sweet Love』James Yuill »