« 部屋が | トップページ | 懐かしきフライヤー達 »

2010/05/18

口蹄疫と、その批判

口蹄疫とその対応についての批判に関する、伊勢田さんのエントリーをご紹介しておきます。

Photo


 ある事象を批判するにあたっては、その批判自体が適切なものであるかどうか、よく考えねばなりません。適切な批判には、価値が存在しますが、頓珍漢な批判は混乱を招きます。

 また、ここで注意して欲しいのは、たとえ批判そのものが導く結論が正しくても、批判に至る手順(論理)が誤った批判は、愚かな批判であり、そこは峻別する必要があります。

あ、別に私は民主党支持でも、自民党支持でもありませんので、あしからず。

#リバタリアンとか、アナキストとか呼ばれることは、たまにあります...。(苦笑

|

« 部屋が | トップページ | 懐かしきフライヤー達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。
友人の日記で論争があったんですが、ろくすっぽ農林省の発表も読まず、口蹄疫について勉強もせず、ネットに乱れ飛んでるデマを無批判に信じ込んでる人が多すぎる気がします。

つまるところ、災害に対するには、いったんイデオロギーは忘れて、被害の拡大阻止、事態の収拾、被災者の救済に全力を注がなければならないんですよね。
そして次にやるべきは、原因究明だけど、「再発防止」に主眼を置かなければならないわけで。

家畜に限らず、伝染病の蔓延は人災の側面が大きいことも多いわけなんですけど、責任追及の類は、災害が終結した後にすべきなんですよね。

なんか、災害の対策に関する議論が、「政治的イデオロギー論争」に、すり替わってる感じがします。

投稿: フィロ | 2010/05/18 23:41

>フィロさん
私は、なんだか二大政党制の弊害の一つが現れてしまっているような気がしてたり。今後、確証バイアスと安易なヒューリスティクスで、国中がフレーミングなんて事態が、頻繁に発生しそうで、ぞっとしません。
んで、流行のtwitterなんてコミニュケーションツールが、事態を一層助長しそうで...。短文で表現できない問題を、短文で処理しようとしたり、溢れるTLの多寡で判断したりと、もう落とし穴だらけですから。
かくいう私も最近はまってますが。(苦笑

投稿: 771 | 2010/05/19 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48185/48395897

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫と、その批判:

« 部屋が | トップページ | 懐かしきフライヤー達 »