« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/26

サヨナラCOLOR

「男子たるもの、人前で涙を流してはいけない」

 戦中生まれのオヤジに俺はこう教えられてきたし、自身もそれが男の美徳だと思っている。最近のドラマに登場する、サラリとした美しい涙を流すイケメン俳優とは、そもそも生物として違うのだ。

 今日まで父親の涙も一度も見たことがない。何故か俺が招待されなかった妹の結婚式で、父が大泣きしたという噂だけは聞き及んでいるが、幸か不幸か呼ばれていない。
つうか、結婚式に長男を呼ばない家族ってどうよ...。(苦笑

 そんなわけで「不器用ですから」とつぶやき、背中で泣く高倉健が、男の中の男。漢の中の漢だと固く信じている。

 高校2年の当時。飼っていた愛犬が、俺の腕の中で最後の力を振り絞り、遠吠えを上げた直後に、コトリと息を絶えた。その瞬間、横に母親がいるのも忘れ大泣きしたのが、おそらく人前で泣いた最後だと思う。それ以来人前であからさまに泣いたことがない。もちろん「これでもか!!これでもか!!」とばかりの波状攻撃で涙を誘う、いやらしいドキュメンター番組や映画などを見せられた時は、さすがにグズッと涙を浮かべる。ただそんな時でも、暗がりに顔を隠すか、背を向けるなどして、人様に泣き顔を見られないように努めるのだ。

 まぁ何が言いたいかというと、俺は20年もの歳月をかけ、涙腺をガッチリ理性で抑えこむ訓練をしてきているし、最近までこの心的防波堤は堅牢で、よく持ちこたえてきたのだ。

 昨晩、近所のファミレスでいつものように本を読みながら、iPodに選曲を委ね、テキトーに音楽を聞いていた。

 「サヨナラCOLOR」がかかった。別にセンチメンタルな本を読んでいたわけでもなく、生々しい傷心に思い悩んでいるわけでもない。肉を食って胃袋も満たされ、幸せな気分に浸りながらページを繰っていたのに、突然泣けてきた。

完全に不意打ちだ。

 キヨシローの声が刺さる。騒がしいファミレスの中で、一人だけ取り残され泣けてくる。不慣れな手つきでコーヒーを注ぎに来る、要領の悪い見習い店員がいぶかる。

季節のせい?歳のせい?

それとも脳に腫瘍でもできてんのか?

 いまさら涙もろい男になるつもりは毛頭ないので、近々人間ドックで検査してもらうことに決めた。結果が出るまで、キヨシローのバラードはプレイリストから外しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

メタモ&タイコクラブ

 SISに続き9/4のメタモと9/11のタイコにも行ってきました。

 メタモは昔からの遊び友達と二人で出撃。お互いアラフォーなんでTommy GuerreroManuel Göttschingを芝生にでも腰をかけながらビールでも飲み、ゆっくり黄昏れる予定だったのだが、結局、Derrick Mayのロータリーフェーダーの餌食になって脱水症状、JeffMillsのスライドフェーダーの餌食となって筋肉痛と、とことん意地汚く遊んでしまった。
 以前と異なるのは、会場内のやたら高い酒を、気軽に飲める余裕ができたってくらいだ。(余計たちが悪い...。)正直もう少し、余裕をもって遊べる、落ち着いた大人になりたいです。

 今回のメタモで学んだことは、カクテル類を頼むとき「ダブルで!」とお願いすれば、100円増しでたっぷりリキュールを入れてくれること。即ちテキーラを4~5杯かませば、程なくダメ人間が完成するという裏技。

 タイコクラブは、元不良のオジサン&オバサン達10人ほどで出撃。前夜の泡盛が朝方に本領を発揮し、これから野外に向うなど、到底信じられない程の低いテンションで朝を迎えた。
 先発隊が朝7時に東京出発!と意気込んでいる状況だったのだが、俺のわがまま通してもらって、10時発の後発隊とさせていただく。しかし、このワガママが、その後の良い流れをつくる事となった。予想された関越の渋滞にもハマらず、結局先発隊とたいして変わらぬ時間に到着することができた。渋滞にハマると、運転手はそれだけで疲れてしまって、現地で殆ど寝て過ごすなんてことになることが多いのだが、サクサク運転しているうちに体調も戻り、到着早々、フロアにがっちり固定される始末。

 この日の天気予報は「曇りのち雨」。天気予報のおかげか、結構豪華な出演アーティストにも関わらず、全体の動員数はそれほど多くなかったよう。メタモのように、人の多さに疲れる事もなく、贅沢なアーティストのプライベートパーティーのような感じがで、お買い得なイベントの様相。
(オーガナイザーは大変かもしれないけど...。)
 出演者にとっても、必然的にフロアとの距離が近いので、やりたい放題な感じのPlay人が多かったような気がする。The Orbに至っては、完全に客の存在を置き去りにして、二人が最も楽しんでいる感じのライブセットだった。そのすっ飛ばし具合はすぐにフロアにも伝わり、「みんな本当にアホだねぇ~」という、親近感が会場を包み、フェスというよりPartyの穏やかな雰囲気が朝まで続いた。

 幸い天気も大きく崩れることはなく、朝方にポツポツ程度で、すわ!山奥の荒天!という、過酷な野外を覚悟していたのにも関わらず、殆どカッパを着る機会もなく朝を迎える。ダラダラ、ヘロヘロと酒を飲んでは、薪の火で肴を焼くという贅沢な時間を過ごし、キャンプサイトには自分たちのテントしか残っていないという、いつもの状況。名残り惜しくも撤収をはじめ、近くの古民家を改造した宿にもう一泊してから帰る組と、近所の温泉で休憩して帰る組に別れ、俺は温泉の仮眠室で4時間も寝てから深夜に帰京とあいなりました。

 今回、タイコで学んだのは、100均のレジャーシートとロープが20m程あれば、数百円の支出で立派なタープを設営できるということ。どこもかしこもお揃いの、没個性コールマンのタープより、創意工夫で仕立て上げたタープのほうが断然カッコ良かったと思う。

 昨日の今日ですが、今年の秋はまだ野外イベントが盛りだくさんとの情報が入ってきたので、もう一度ぐらい参戦してもいいかな?と考え出していたり...。どこかでお会いする人がいたら、一杯ご馳走させてください。

Dsc00909

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »