« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/18

冬山初体験 -天狗岳と西天狗岳-

 土日で、北八ヶ岳は天狗岳に登ってきました。一般的な道産子にとって、冬山とは滑り降りるものであって、登るものなどでは決してないのだが、10月に富士山登ったことによって、何となくカッコイイ冬山にも登りたいなどと、これまた軽薄な動機で。(苦笑

 素人が孤高の人のイメージに憧れて、ソロで登るのは単に自殺行為なので、前回富士山に一緒に登った山男2人と、さらに同じく遊び仲間で山に登る中年2人を加えて、総勢オッサン5人のパーティーで新年会をかねて山行してもらうことに。
 富士登山の時は、普段履きのDannerのブーツで登ったのですが、おかげで両足ともコテンパンに傷めつけられてしまい、しばらく日常生活に支障がでるほどでした。今回目指す天狗岳は、山頂ではマイナス20度以下になるとのことなので、大枚はたいて、ボリエールなるスペイン製の登山ブーツと、下山時に膝をかばうストックを二本をおごることにしました。

 この冬一番の寒気が本州を覆うとの天気予報に、内心ビビりながらも、レンタカーで一路、茅野の渋の湯まで。粉雪舞う登山口に駐車し、いよいよ山道に入ってゆく。今回は冬山デビューの私のヘタレレベルに合わせてもらい、ヒュッテ泊の行程ということもあり、背負う荷物も少なく、足取りも軽く林間を進めました。

Dsc_00941_2

 キシキシと雪を踏む音しか聞こえない、氷雪のテーマパークのような景色の中に分け入るのは、まさに道産子の原風景。前日までの体調不良もどこ吹く風、(おそらく)足手まといになることもなく、3時間ほどで標高2,400メートルの黒百合ヒュッテに無事到着。意外だったのは、この時点で氷点下15度位なのだが、登ってる最中は汗ばむということ。

Dsc_01521

 早速、中年5人組で酒盛りを開始。酸素分圧が低いせいか、ことのほか酔いの周りも早いよう。周囲の冷ややかな目も気にせず、オッサントーク炸裂。イケメン中年Tだけは、最近できた素敵な彼女がどうにもこうにも恋しいらしく、常に気もそぞろな様子。せっせとラブメールを打っては、ほとんど電波の入らない山小屋の中を、携帯電話を高く掲げ、アチラコチラと彷徨い、必至に送信ボタンを連打している。その姿を肴に、「愛って素晴らしいね」などと冷やかしながら、シェラカップでヘロヘロと一升を空けたところで、8時の消灯タイム。

 こんなに早い時間に寝付けるわけがないと思いつつ、大部屋の布団に潜り込んだ途端に、あっさり気を失う。気がついた時は既に朝5時で、もう出発の用意をせにゃならん。手早く朝食を済ませたのち、初めてのアイゼンの装着の仕方にまごつきながらも、何とか準備を整える。

Dsc_03061

 前夜の天気予報では大雪警報とのことで、吹雪を覚悟していたものの、2,400メートルでは重い雲の上に出ていたらしく、気温は氷点下20度と肺が痛いほど厳しいものの、朝焼けを拝み、いよいよ山頂を目指します。

Dsc_03561

 しばらくは昨日と同じような林間を進みますが、その後エッチラオッチラ岩稜を登ってゆくと、漸く稜線に出る。ここに来てはじめて、写真でみる冬山登山ぽい景観に変わってくる。景色がナルシシズムをくすぐり、否が応にも盛り上がってくる。生来、お調子者に出来ているので、アイゼンを引っ掛けて崖に落ちないようにと自重しつつ、2時間ほど踏ん張って、漸く東天狗岳に登頂!皆で握手して記念撮影など。

Dsc_03831

 天狗岳には、すぐ隣に西天狗岳があるのですが、西天狗岳こそ2,645メートルと北八ヶ岳の最高峰とのこと。天候もそれほど悪くなく、体力もまだ余裕があったので、そのまま西天狗岳にも登ることに。西天狗岳は、その日、まだ誰も登っていないらしく、昨晩から降り続いた新雪をかき分けて登ります。この新雪をかき分けて道を作る作業をラッセルというのですが、一番若手の織田無道似のS君が、ものすごい馬力で切り拓いてくれます。私はその道をトレースさせてもらうのですが、それでも、そろそろ息がアガリかかります。年末年始で7kgも太った自分を呪い、ピッケルをふるって、雪にもまれながらも何とか登頂成功。

Dsc_04141

 いやー絶景ですね。本当は山頂でコーヒーでも沸かしてなどと、悠長なことを想像していたのですが、やはり山頂は風も強く、気温もマイナス25度と、突っ立ているとすぐに凍えかけます。かじかむ手でタバコに火をつけて一息ついただけで、すぐに下山開始。下山はおニューのブーツのおかげか、至って快調。山小屋に預けていた寝袋や重いものをピックアップして、渋の湯まで一気に下ります。富士の下山で四苦八苦だったのが、嘘のよう。休憩することもなく、2時間弱で麓まで戻れました。

 1メートル登るのにヒーヒー喘いで、800メートル墜ちるのは超特急。なんか、こういう人生の縮図みたいな所も登山の魅力かも、などと柄にもないことに思いを馳せつつ温泉につかり、ようやく生き返りました。

 おかげさまで、楽チンルートとはいえ、なんとか冬山デビューを果たせました。んで、手元に残るは、今回の為に購入した登山靴。うーん、もう少し償却してやらないと勿体無い。本来、こんな動機じゃいけないのだろうが、エクストリームは無理でも、節制して少し体重落としてから、他の山頂にも立ってみたいかも...。いや、本当は脱俗する時間を作りたくなってるのかな…。

Dsc00128

(photo by mori)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/01/08

なんだかんだ。

このナレーション、娘の徳川和子のことを「カズコ」って言っているが、「マサコ」と読むんだよね。
作った人、日本史選択してないな。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »