日記・コラム・つぶやき

2011/12/20

リスクと生活の折り合い

 俺は楽観というより、適切にリスクを見積もるようにと意識しているつもりかな。
実際、放射性物質の拡散は深刻だし、特に陸上のみならず、海洋における生物濃縮については、今後は注視する必要があると思っている。陸上の穀物や野菜にくらべ計測も難しいし、飛散地域の特定も困難。海流の影響や食物連鎖による海産物への蓄積は今後の調査を待たないとね。

 不安を軽減できるかどうかはわからないけど、いくつかアドバイスするとしたら、ある物事を類推・判断するには、「帰納法」と「演繹法」という二つの思考手段が強力な武器になるんだけど、得てして人間は、帰納法に重きをおいてしまうんだ。

 帰納法というのは、経験という情報をから結果を導く方法で、例えば「今朝は東から太陽が登ったし、昨日も一昨日も、その前も、去年も東から太陽が昇った」だから、「明日も東から太陽が昇るだろう。」と結論するやり方だね。

「太陽が東から昇る」という事象なら問題は簡単だけど、放射線の健康被害問題なんかを判断するには少し注意しなくてはならない。

 帰納法を用いる上で最大の敵は「確証バイアス」(人は先入観に合致する情報のみを抽出して、持論の補強に使う)ってやつなんだ。これは俺自身もよく陥るので、帰納的に物事を判断しようとするシーンに迫られた時は、まず、入ってきた情報にバイアスがかかっていないか?というところを整理するようにしている。

 例えば、ちょっと前「子供が鼻血を出したのは放射能のせいだ!」みたいなツイットに溢れたと思うけど、これが最たる例だよね。日本人の多くは広島の記憶によって、被爆で白血病になったら鼻血が出るという先入観があって、我が子が鼻血を出したら思考をショートカットさせて「これは被曝の影響じゃないか?」と呟いてしまう。そのつぶやきを見ることによって、普段子供の鼻血なんてあまり意識していなかった親御さんも「私の娘も鼻血を・・・」とつぶやき、TL上に鼻血不安が渦巻いてしまったんだ。

 放射性物質による健康被害のツイットなんかは、ツイッターというメディアの性質(「日常の自身に起こった些細な出来事の報告」)上、そうした連鎖が簡単に生じやすい。
 本来の手順としては、一定規模の母集団で、子供の鼻血は、そもそもどのぐらいの頻度で生じるものなのかという事を把握して、その上で、事故後、鼻血の頻度がどのくらい増えたのかというのを考えないとダメだよね。
 だから、この場合の「不特定の個々人の鼻血が出た報告」は、帰納の為の情報としては、判断のための情報としては無価値。飲み屋のカウンターで隣のオジサンが「友達の話によると、冬のススキノの女性は、寒くてやることがないから、夜誘えば直ぐにラブホテルに連れて行けるんだって!」と酔いどれで呟く情報と同じようなもんかな。そうした、「バイアスの有無を判断するフィルター」を通すと、ツイッターなんかの眉唾のつぶやきの多くは、本来悩まされる必要のない情報なんだということがわかるんじゃないかな。

 んで、帰納法がなかなか上手くいかない時はどうしたらいいんだろう?ということになるけど、ここで登場するのが「演繹」ってやつ。

 演繹っつうのは、所謂「三段論法」みたいな考え方だね。鼻血の例だと「放射線によって鼻血が出る機序(仕組み)ってどういう風になっているのか?」というのを考える。
鼻血が出やすくなるには、骨髄の造血機能が犯されて、血中の血小板が減少し、出血が止りづらくなるって機序が必要になる。

そうした類推をするときは、急性被爆によって、骨髄が冒される為の線量のエネルギー(何(ギガ)ベクレル?)ってどのくらい必要なのか。
 
 血中の血小板って、普段はどの程度の量があって、造血機能に障害が起きたときは、出血か生じる程度まで血小板が減少するまでには、どのくらいの時間が要するモノなのか。

 血小板が減少した時、他に生じる症状はないのか?
関東で急性被爆で鼻血が出るくらいの線量エネルギーを浴びるようなら、原発内の作業員が浴びている線量と比較して、そのレベルは矛盾していないか?

 なんて考えてゆけば良いと思う。

 こういうのは、いちいち調べて行かないとダメなので、ちょっと手間がかかるけれども、キチンとした判断をしようと思えば、避けられない手間なんだよね。

 健康被害について、適切にリスクを見積もろうとした場合、こんな演繹法を用いた判断が威力を発揮すると思うよ。残念ながらツイッターなんかの健康被害情報から、帰納的な判断を求めると、トンチンカンな方向に行ってしまうことが多いみたい。

 あと、もう一つの考え方は、リスクの分析というより、人生観に係わってくることなのでアドバイスにはならないと思うけど、俺のスタンスを記しておこうかな。

 単純にいうと、被曝によって健康被害リスク上がったとしても、汚染されたといわれる地域コミュニティーで、従来のように生活してゆきたいという価値観を持つことを、他人に否定されるべきではないというのが、リベラリスト気取りの俺のスタンスなんだ。

 汚染地域では、今後疫学的調査によって一定割合で将来健康被害のリスクが高くなる事実が判明するかもしれないけど、そのリスクと、自分が求めるQOL(quality of life)とをどう考えて行くのかは、個々人の判断。
例えばオーストラリアの豊かな自然の中でで素晴らしい生活を送ることができる反面、紫外線での皮膚ガンの発症リスクが10万人あたり800人と、日本の2~3人/10万人に比べて圧倒的に高い。放射線のガン発症率からいうと、これは10万人あたり0.5%の発がん率の増加(500人の発がん)と実証されている、放射線100mSvの積算量以上のリスクに相当する。

 だからといって、オーストラリアを離れるべきだ!と言ったら、「大きなお世話だ!」って言われるよね。笑

 生活するということは、常に何かしらのリスクに晒されてゆくという事に他ならないし。その中で、個人や家庭でリスクを見積もりながら、目指すべき豊かで幸せな生活という事をバランスさせてゆく事だと思っている。
その判断においては、適切なリスク分析が必要で、それには疫学的(統計的)に判断する能力と、簡単な生物学的な知識が必要になってくるのだと思う。

 事故前はそれほど必要とされる生活シーンはなかったのだけど、起こっちまったものはしょうがない。
現実と向かい合って、想定されるリスクと、求める充実した生活を、どこかで折り合いをつけてゆかにゃならん。

 悲しいけど、これ現実なのよね…。(スレッガー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/08/09

冷やし中華とゴルフはじめました。

 あれほど、頑なに拒んできたゴルフですけど、諸事情あってはじめました。


 「ブルジョア玉転がしなんてクソ食らえ!」

 「あんなのスポーツじゃねぇ!」

  なーんてうそぶきながら、ここまで来たんですよ。

 
 ご存じの通り、反抗期を未だ引きずっている、ガキ性質で凝り固まっており、さらに、銀行員なんてゴルフはもう必須科目みたいなもので、諸先輩や上司から日々お誘い(なかば強引な宗教勧誘みたいな)を受け続けてきたの、華麗にかいくぐり、ここまで避けてやってきたのですが…。

 んで、結論からいうと、あらいやだ、なかなか楽しいですわよ。ゴルフ。

 「スポーツか?」というとちょっと微妙ですが、そもそもスポーツの定義って、何よ?ってことにもなる。

 そうそう、以前から、スポーツの定義って微妙だと思っているんですよね。

 カーリングやボーリングはスポーツってことになってるみたいだけど。ビリヤードはスポーツなの?
なんか、外国じゃダーツやチェスまでスポーツだっていってるところもあるようだけど、日本で将棋はスポーツっていわないよな。んじゃ、フィギアスケートはスポーツでバンジージャンプはどうなんだ?

 個人的にはスポーツは、息がゼイゼイいって、筋肉痛になって、下手したら怪我とかしちゃう感じのもので、勝敗や記録が客観的につけられる競技だと思っていたり。だから、ゴルフは微妙…。

 まぁ、そんな話しはどうでもいいのですが、この年齢になってからゴルフ始める奴なんて周囲には殆どおらず、必然、私が圧倒的にヘタクソ。
 ゴルフっつうのは、下手だと一緒に回る人に迷惑をかけてしまうもので、非常に気を遣うんですよね。ある程度、上手くなると色々ゲーム性なんかも出てくるのでしょうが、今はまだまだそんなレベルじゃありません。
 
 私は30才になるまで、ラーメンもカレーもハンバーグも殆ど食べたことなかったのですが、今や、どれも大好物です。競技人口が多い種目って、やはり、どれもそれなりに楽しいものなんでしょうね。

 ということで、アラフォーの手習いってことで、一緒に回ってくださる方に迷惑かけない程度までは上達したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/22

39

お祝いのご連絡いただいた皆様。
本当にありがとうございます。

まだまだ、落ち着くつもりはありません。
皆様のご期待に添うよう、一層、餓鬼道を極める所存です。
今後とも、何卒、ご指導を賜りたく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/18

俺たちは一人じゃない。

才能に嫉妬。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/12

無事です。

渋谷のオフィスで地震にあいましたが、無事です。
皆さんが無事であることを祈っています。
頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

Carl Sagan

ヒヤリングじゃ、わからんのが残念すぎる俺。

カール・セーガンってだれ?って人は、Wiki先生に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/21

モノの値段

 携帯電話をauのIS04ってスマートフォンにしてみました。

 UIのぬるぬる感はiPhoneには敵いませんが、各種Google謹製アプリなどと、シームレスに使えてとても満足しています。ただ、andoroid携帯は、自分でこまめにカスタマイズして、使い勝手を向上させてこそ初めて本領を発揮するような性質をもつ端末なので、実家の母親になんかは勧めることはできませんね。

今のところ不満は、以下の3点。

 一つは、本体のE-mailと電話帳がクソ仕様。送信履歴の画像添付ファイルがプレビューされなかったり、電話帳の50音順がメタメタだったりと、本当に酷い。富士通の仕様か東芝の仕様かわかりませんが、どうしたらこんな酷い仕様でリリースできるのかと...。UPDATEで改善される事を切に望みます。

 二つ目は、この機種は防水なんですが、その為、MicroUSBで充電するのに、いちいち底部のキャップを外してコネクタをつけてやらなくてはならないとダメなのが、とても面倒です。Docomoの同機種は、側面に充電端子が露出しており、スタンドに乗せるだけでいいのに...。auはデザイン性を優先したと言っていますが、個人的にはスタンド充電として欲しかったところです。

 最後は、バッテリーのスタミナが悪いこと。目下、興味本位でいじりまくっているということもあり、夜には電池切れになってしまいます。性能とスタミナのトレードオフはスマートフォンの宿命なのかもしれませんが、やはり外部バッテリーがないと心許ないです。

 んで、外部バッテリーを購入を検討。年末にトマトさんに頂戴したエネループがあるので、エネループを利用して、電流をUSB出力できる機種を探していたんですが、どれもこれもスゲー高いんですよね。

これ2,980円。
Kbce1as
これ2,580円
Kbcd1bs

電池からUSB端子にして電流取り出すだけで、なんでこんな値段になるのか...。

んで、秋月電子を見てみたら。

流石です...。

Photo

250円
Cocolog_oekaki_2011_02_21_19_37
#レギュレーターついてないので、コレで充電して端末こわしても関知しません。あしからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

心の折れる音は「ポキッ」じゃなくて「グニャリ」

Summit2


連休に富士山登ってきた。

 今考えると、「女子供が登れる夏の富士では、話しのネタ的に面白みに欠けるから、キチンと登山したい!」という私の軽薄且つ安易な要望が、友人のS気質を刺激したらしく、口元に含みのある笑みを浮かべられながら、このタイミングを設定された気がします。
 事前に「この季節の富士山は、天候によっては相当ヤバイ!」と散々脅されていたのですが、私の生来の引きの強さを発揮し、案の定の荒天...。

<学んだこと>
・荒天下では、冬山装備でも強風と寒さはしのげない。
・高山病は頭痛や吐き気だけではなく、眠気となって現れることもある。
・濃霧の中、周囲に誰もいないので、簡単に道に迷う。

<失ったもの>
・コンタクトレンズ2枚
・携帯電話浸水
・気力、体力

<得たもの>
・エクストリーム系登山家は、クレイジーだという認識。
・自分の限界点のおおよそのPoint。


 深夜、視界5mの濃いガスの中、台風のような風で全身を打つ霙に晒され、高度障害で意識が半ば朦朧としている状態では、ほんの半歩横に死が待ち受けているのを実感できる。
 この恐怖感は、生まれて初めて味わった種類のものであった。今までに経験した死に対する恐怖といえば、車やバイクで高速コーナーに突っ込む時、脳内麻薬が溢れ、頭は冴え渡り、そのヒリヒリした緊張の中に瞬く、鋭利な恐怖だ。例え、口から心臓飛び出しそうな恐ろしさに見舞われても、少しアクセルを戻せば、とたんに離脱できる。
 だが山の恐怖は違う。脱出不能の環境に自ら突き進み、一歩踏み出す度に、ジワジワと重苦しいプレッシャーが襲いかかる。その圧倒的な質量をもつ恐怖と戦っているうちに、ふと気づけば、帰還不能点を過ぎてしまうのだ。 このなだらかにエスカレーションする恐怖感は、日常の生活の中ではなかなか経験できないタイプのものだ。

 下山後、私には後者のアドレナリンジャンキーの素質が全くないことが自己認識できて、ある意味、ホッとしている。次回は、天候の穏やかな八ヶ岳にでも、ゆっくり登りたい。


 #冬山経験のある友人でさえ、今回の条件では二度と登らないと言っていましたので、たぶん私の根性レスの問題ではないと思います。だから、私のようなヘタレが登頂できたからといって、オフシーズンの山には安易に登らないほうがいいと思います。


富士吉田市からのお知らせ

 エベレストと同じっつうのは、言い過ぎだろうけどね。

101008_152201

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/06

R.I.P. A

もう一度骨折パンクを見たかったぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/27

ホメオパシー救急病棟

実際、これと似たような状況で人が死んでいるのだから、笑い話ではかなったりする。

 神秘主義や、自然崇拝もたいがいにしたほうがいい。

 自然は常に人間に優しいものでもないし、神秘は誰にでも簡単理解できるものでもないんだよね。
自然が人間に対して優しいと思ってる時点で、自然に対して不遜だし、神秘が路傍に転がっていると思っている時点で、おこがましい。
 一度、人会離れた山奥で、土砂降りの中にテントを張って、寒さに耐えながらオイラーの公式の不思議さを考えてみるといい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧