文化・芸術

2009/05/26

危機と遊び

youtubeで見つけた。

どうも世の女性は、「危機と遊び」に夢中になる男は、ダメらしいな。

だから俺はダメ男。

たぶん一生治らない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/28

上野駅  <ふるさとの 訛りなつかし>

上野駅
上野駅に来る度に、この強力なノスタルジアにやられるなぁ。

今の時代、北海道出身の私の場合は羽田空港が窓口なんだが、空港では全く感じない。
やはり鉄路がずっと続いてるイメージが大切なんだろう。
飛行機はある意味ワープ航法だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/25

ノマディック美術館

ノマディック美術館
友人から招待券もらったので、お台場でやってるグレゴリー・コルベール展に行ってきた。

まぁ、写真展の方は正直どうでもよい感じだった。(苦笑)
いかんせんパブの『合成じゃない!』という売文句が前に出すぎて、それがどうも鼻につき変な先入観が…

『凄いな〜!』とか、『どうやって撮ったんた?』とは思うが、ズッシリ来るものは残念ながらなかった。
まぁ、最終日前日で家族連れでゴッタ返している環境じゃ、そもそも、ああした作品を鑑賞する事自体が無理なんだろう。

それよりも観て欲しかったのは、ノマディック美術館そのものの方だ。
写真のように152個のコンテナと紙管(ダンボール紙のパイプ)で組上げられた移動式の建築物。
コレは日本人建築家の坂茂の作品である。
実を言うと、招待券をくれた友人が坂茂事務所で働いており、この美術館にも携わるっているらしい。

恥ずかしながら、坂茂と言えば紙管で難民テントを作るProjectみたいなのをやっている位の予備知識しかなく、こうして実際にその建物の前に立つまで、移動式のチャチイもんだと勝手に想像していた。

が、ご覧のとおりこのデカさ。写真展より、こっちのほうが断然グッと来た。
恐らく一個一個のコンテナの配色も考えられて組み上げているのだろう。遠目には市松模様のようにも見える。
屋根のテントは直径1m以上はあろう紙管のトラス構造で支えるようにできていて、天井も高く内部にも邪魔な柱はそれほどない。

この美術館は世界中を移動する美術館で、コンテナは各地で借りて調達するものらしい。
COSCOに至っては無料か、もしくは広告費をとっているのかもしれんな?等と芸術を鑑賞するのとは180度違う事を考えてしまう自分の浅ましさに嫌悪。

まぁコンテナなんて何処の国の港にも腐る程あるのだから、柱と屋根のテントさえ持っていけば、仮設の美術館が建てられると言う次第だ。
建築としても、Projectとしても、本当によく考えられている仕組で感心した。

こうした大きなProjectに親しい友人が関わっている事は、チョット自慢したくなったもんだが、その友人の旦那(こちらも友人)は、口が悪いので、嫁の仕事は褒めないんだろうなぁ〜等とニヤニヤしながら建物をグルグルまわった休日でした。

少し気になるのは、台風の季節でも大丈夫なんだろうか?あと、気密性は悪く空調は出来ないだろうから、真夏は無理やろな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/09

歌舞伎座

歌舞伎座
今日は銀座の歌舞伎座。
修学旅行の生徒かなんかと、おばちゃんの集団で溢れ返っている。
ついか、もう夏服でいいなぁ。

道後温泉と似てる?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/01/12

大(Oh!)水木しげる展

大(Oh!)水木しげる展
に行ってきました。
正確には、入り口まで。

なんと、入場までに1時間以上と長蛇の列。
巷では妖怪ブームなんですか?

パンフを買おうとしても、全て売り切れ!
店員も、「こんなに盛況とはまったく想定外です...」とのこと。
出展目録(2,000円)を予約して帰ってきました。
田舎者なので、列に並ぶのは大嫌いで~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/05

草間彌生-永遠の現在-

東京国立近代美術館:草間彌生―永遠の現在
に行ってきました。

Yayoi_Kusama.jpg
草間弥生は知ってますかね?
このおばあちゃんの一連のコラージュとか、水玉恐怖症みたいな作品結構好きです。
今回の展示作品の中の「水上の蛍」は、鏡に囲まれた個室の中で光の渦に飲み込まれるような体験ができたり、
「天国の梯子」は、芥川の「蜘蛛の糸」はこんな感じだったのだろうと...。
今回の展示は彼女のテーマである水玉サイケとはちょっと違う、ファンタジーな感じの作品もありました。
あと明らかにチ○ポだらけの舟とか(w

なんでこの人の作品が気になっているかというと、
幼少の頃、熱を出した時に必ずといっていいほど魘される「悪夢」に非常に近い印象を受ける作品群なんですよね。
尖端恐怖症とか、閉所恐怖症とかと同じレベルの水玉恐怖症だったりするんだと思います。

結構混んでいたので、もし時間に余裕があるのなら朝一番とかに行くほうが、ゆっくり静かに鑑賞できると思います。
芸術の秋というよりも、もうめちゃ寒いですが、19日までらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)